【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は14日、高性能車と位置付ける「N」シリーズの初モデル「i30 N」とi30のスポーツモデル「i30ファストバック」をドイツのデュッセルドルフで13日(現地時間)に公開したと発表した。

 「N」は同社のグローバル研究開発(R&D)センターがある韓国の南陽(Namyang)で設計し、世界で最も過酷なコースとして知られるドイツのニュルブルクリンク(Nurburgring)サーキットでの品質テストを経て完成させることにちなんで命名された。
 同社欧州法人の最高執行責任者(COO)はi30について「欧州市場における現代ブランドの中核モデル」だとし、2021年までに欧州でアジアナンバー1メーカーに飛躍するという目標を達成する上で重要な役割を果たすと強調した。

 同社によると、「i30 N」は2.0リットルのガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力275馬力、最大トルク36kgf・m。5ドアクーペの「i30ファストバック」は1.4リットル、1.0リットルの2種類のエンジンモデルがまず公開された。いずれも年末に欧州で発売される予定だ。
tnak51@yna.co.kr