花火大会でもiPhoneの電池は切らさない!浴衣や薄着の夏に最適なケーブル内蔵+薄型+軽量モバイルバッテリーが便利

写真拡大 (全7枚)

本格的な夏がやってきた。夏は花火大会や納涼祭、海水浴など、なにかと外出するイベントが多い。
夏のイベントは、日も長くなり、涼しさを求めて夜のお出かけも多くなり、外出している時間も長くなる。

そこで問題となるのが、iPhoneなどスマートフォンのバッテリー切れだ。

さらに、夏は薄着になるし、浴衣で外出することもある。
そのため持ち歩ける荷物は普段以上に少なくなる。
当然、重たくかさばる大きなモバイルバッテリーや充電ケーブルは持ち歩けない。

たとえば、花火大会を観に行く際、手持ちバッグには、大きなモバイルバッテリーや充電ケーブルを入れる余裕はないはずだ。

そこで、軽く、小さく、スリム、さらにケーブル内蔵で充電ケーブル要らず。
そんな夏に最適なモバイルバッテリーを集めてみた。


■iPhoneとAndroidのダブル充電に対応!DmTown モバイルバッテリー
「DmTown モバイルバッテリー」は、MFi認証Lightningケーブルと microUSBケーブルを備えたモバイルバッテリーだ。
Amazonでの価格は、2,350円(税込・送料無料)。

iPhoneとAndroidスマートフォン、あるいはiPhoneとWi-Fiルーターのように、2つの端末を同時に充電することができる。




さらにUSBポートは、5V/2.1Aと5V/1Aの仕様だ。別途ケーブルを接続すれば、同時に4台の機器を充電することができる。
USBポートは、片方5V/2.1Aなので、急速充電に対応したスマートフォンなら短時間で充電できる。iPadの充電も可能だ。

本体サイズは135×70×12.88mm、重さは148g。
148gと軽量ながら、バッテリー容量は10000mAhと大容量。
あくまで目安だが、iPhone 6s で約4回、iPhone 7 Plus で3回、Galaxy S6で2.5回、 iPad Mini で1回のフル充電が可能な容量だ。
また、バッテリーの残容量も、電源ボタンをひと押しでインジケーターが点灯して確認することができる。





■3つのコネクタで使い勝手がいい!Unigear モバイルバッテリー
汎用性を重視したい人は、「Unigear モバイルバッテリー」がいいだろう。
販売価格が安く、Amazonでの価格は1,099円(税・送料込)。

最大の特長は、
・microUSB
・Lightning
・Type-C
と、3つのコネクタの機器に変換アダプタで対応している点だ。
iPhoneやAndroidスマートフォン、Wi-Fiルーターなど、ほとんどのモバイルデバイスを充電できるだろう。





バッテリー容量は5000mAhと、「DmTown モバイルバッテリー」の約半分だが、それでも外出先で1台のスマートフォンをフル充電するには十分な容量だ。

2つの出力ポート(1A+最大2.0A)搭載しているので、同時に2台のスマートフォンを充電することもできる。
こちらも急速充電に対応しており、対応スマートフォンであれば、短時間で充電が可能だ。

気になる充電回数だが、メーカーによると、iPhone 7/ 6Sを約2回、iPhone 7 Plus、Galaxy S8 / Note 6、Nexus 6P、その他のスマートフォン を少なくとも1回のフル充電が可能とのこと。iPad miniも約80%まで充電することができる。

本体サイズは約120×68 × 9mm。重さは106g。
スマートフォン1台より軽いので、ポケットや小さなポーチに入れて持ち歩くこともできる。





■充電、データ転送もこれ1台でOK!パソコンに繋がる「Decotte モバイルバッテリーiWalk-T08」
パソコンとのデータ転送にも対応しているモバイルバッテリーが「Decotte モバイルバッテリーiWalk-T08」だ。
Amazonでの価格は、3,450円(送料・税込)。

本製品は、LightningケーブルとmicroUSBケーブルに加え、USB Type-Aのケーブルが搭載されている。
なんと、そのままパソコンに接続することができるのだ。
バッテリーを充電できるだけでなく、パソコンとのデータのやり取りも可能となっている。




本体サイズは141×70×15mm。重さは185.4g。
本体の大きさは、iPhone 6とほぼ同じサイズ。

バッテリー容量は8,000mAhで、LightningとmicroUSBのどちらも最大2.4Aの出力ができる。
急速充電対応のスマートフォンであれば、短時間で充電できる、うれしい仕様だ。

充電、データ転送も1台で済ませたいなら、コレがいいだろう。





ITライフハック 関口哲司