「HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY」SWORD新ビジュアル(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会

写真拡大

【HiGH&LOW/モデルプレス=7月14日】EXILE HIROが企画プロデュースを務める総合エンタテインメント「HiGH&LOW」の新作映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY」(8月19日公開)より、新ビジュアルが公開された。岩田剛典・黒木啓司らおなじみのメンバーが集結した。

【動画をみる】「HiGH&LOW」切ないバラードで彩る予告編が胸を打つ

リアルとファンタジーがコラボした世界観で、映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、アルバム、LIVE など、あらゆるメディアを巻き込み展開する「HiGH&LOW」。2015年に始動し、これまでに「HiGH&LOW THE MOVIE」「HiGH&LOW THE RED RAIN」と2作の劇場版が公開された。

◆SWORD集結の新ビジュアル


今回解禁されたのは、コブラ(岩田)率いる「山王連合会」、ROCKY(黒木)率いる「White Rascals」、村山良樹(山田裕貴)率いる「鬼邪高校」、スモーキー(窪田正孝)率いる「RUDE BOYS」、日向紀久(林遣都)率いる「達磨一家」の5つのチーム“SWORD”が揃った新ビジュアル。

かつて拮抗していた者同士が共に並び立つ理由とは?傷だらけの彼らが見つめるその先にはあるものは?そしてスモーキーの姿はなぜないのか?ストーリーのキーポイントが垣間見えるビジュアルとなった。(modelpress編集部)

■「HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY」ストーリー



SWORD地区──。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。

そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。

さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。そんな緊張がマックスに達したとき、ついに蘭丸率いるDOUBTがジェシーらプリズンギャングの力を借りて、深い因縁を持つWhite Rascalsに対決を挑む。圧倒的な勢力差を前にROCKY(黒木啓司)らWhite Rascalsは絶体絶命の窮地に陥るが──。そこに現れたのは、仲間のため街のために覚悟を決めたコブラ(岩田剛典)らSWORDの仲間たちだった。

それぞれの想いが交差する中、未来をかけた最大の戦いが始まった。その果てに待ち受けるものは、希望か、それとも絶望か──。

【Not Sponsored 記事】