画像提供:マイナビニュース

写真拡大

App Annieは7月12日、アプリ市場の現状を分析した「マネタイズモデル調査レポート」を発表した。同調査では、アプリ市場の現状をアプリストア収益、アプリ内広告、モバイルコマースの3つの観点から分析するとともに、2021年までを予測した。

○平均支出額、日本13.98ドル

2016年のアプリユーザー(1人・1時間当たり)の世界平均支出額(アプリストア、アプリ内広告、モバイルコマースの合計)は0.80ドル。国別の1位は日本で、平均支出額は13.98ドル、アプリ利用時間の総計は680億時間超に上り、2位の英国(4.60ドル)、3位の米国(2.36ドル)と比べて、3倍以上の支出額となった。日本の支出額は今後も伸び続ける見込みで、2021年には18.42ドルに上昇し、首位を維持すると予想している。

同社は日本の支出額が多い理由には、アプリストアとモバイルコマースにおける支出水準の高さが関係していると説明する。

例えば、2016年のアプリストアにおけるデバイス1台当たりの平均支出額をみると、1位の日本は123ドルだったのに対し、日本に次ぐシンガポールと韓国では67ドルにとどまっている。また日本は1人当たりの所得が高く、ゲームアプリへの課金に対して前向きという特徴も影響しているとのこと。

全モバイルアプリストアにおける消費者支出額については、今後、年平均18%で拡大し、2021年には1,390億ドルに達すると試算。ストア別にみると、iOS App Storeは2021年には600億ドルを超える一方、Google PlayとサードパーティのAndroidストアの合計額は2017年にiOS App Storeを追い抜くと予測している。また中国のアプリストア支出額は2021年に560億ドルを超える見通しとなっている。