去就が注目されるDF長友佑都

写真拡大

 インテルの日本代表DF長友佑都が去就に関する質問に答えている。『フットボールイタリア』が伝えた。

 長友はインテルに2011年に加入。16年4月には2019年までの契約延長にサインした。しかし今年9月に31歳となる日本代表DFのポジションは確約されておらず、移籍の噂も絶えないでいる。

 将来について問われた長友は「クラブや監督が僕を必要ないと言ったら退団も考えるが、それはまだ分からない。だから決めるのは僕じゃない」とコメント。ただ「でも僕を信頼してくれるのであれば、それは幸せなことですね」と続けるなど、求められる限りは“インテル愛”を貫き通す覚悟でいるようだ。


●海外組ガイド

●セリエA2017-18特集

●欧州移籍情報2017-18