仏西部ロリアンで記者会見する検察官(中央、2017年7月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランス人の女(50)が13日、子ども3人を出産直後に窒息死させていたと自供した。自供の2日前には、新生児の遺体3体が冷凍庫から発見されていた。

 検察官によると、女は3人の母親であること、3人をクッションで窒息させた後、ポリ袋に包んで冷凍庫の中に入れたことを認めているという。遺体はそのまま長いもので10年、放置されていたという。

 供述によると、女は以前住んでいた仏西部ロリアン(Lorient)の自宅で1998年、1999年、2003年に1人で出産した。

 同検察官が後に述べたところによると、女は殺人罪で起訴され、終身刑となる可能性がある。警察の捜査によると、3人の子どもの父親はすでに退職した、女の元同僚という。
【翻訳編集】AFPBB News