シンガポールで建設中の高架道路が崩落した現場(2017年7月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】シンガポールで14日、建設中の高架道路が崩落する事故が起き、移民労働者の作業員1人が死亡、10人が負傷した。

 死亡した作業員は中国人で、負傷者は3人が中国人、残る7人はバングラデシュ人だという。

 シンガポールは建設現場に厳しい安全管理基準を課しており、こうした事故は珍しい。富裕層の多い同国だが、建設作業の大半は短期の労働許可を得て入国した移民労働者が担っている。
【翻訳編集】AFPBB News