安倍晋三首相

写真拡大

14日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、落語家の立川志らくが、「安倍憎し」の報道に苦言を呈した。

番組では、加計学園が運営する岡山理科大学の獣医学部をめぐる問題について、何らかの便宜が疑われている安倍晋三首相が、野党の要求する衆院予算委員会の閉会中審査に出席する意向を固めたというニュースを取り上げ、出演者が意見を交わしていた。

志らくは「私は正直言って、今の政権はあまり好きではないんですけども」と前置きした上で、「安倍さん憎しであまりものをとらえると、真実が見えなくなる場合がある」と指摘した。

さらに志らくは「『安倍さんの言ってることは全部間違ってる!』『全部嘘なんだ!』ってやると、例えば、(安倍首相が)九州の被災地に行ったら『これはパフォーマンスなんだ!』って言っちゃうと、もう何にも見えなくなってしまう」と、現在の「安倍憎し」の報道に苦言を呈したのだ。

一部メディアは、安倍首相が豪雨に見舞われた九州北部を訪問したことに対して「『加計学園』をめぐる問題などで、支持率の低下が続く中、政府として災害対策に取り組む姿勢をアピールしたい考え」などと報じている

志らくは国民が同様の報道で「集団ヒステリー」みたいになってしまう危険性を指摘しつつ、「我々は冷静に見る必要があるかなっていう」と警鐘を鳴らしていた。

【関連記事】
宮澤エマ 加計学園騒動の真相追及に疑問「興味がもはやなくなっている感じ」
カンニング竹山 加計学園をめぐる騒動に疑問「何が悪いのかよく見えない」
太田光 加計学園をめぐる疑惑に指摘「安倍さんじゃなくて役人の体質の問題」