新曲「エンジン」を歌う奥田民生

 シンガーソングライターの奥田民生が13日、都内でおこなわれた、映画『カーズ/クロスロード』(7月15日公開)の公開記念「マックィーン応援フェス」に登場。映画の日本語版エンドソング「エンジン」を生演奏で初披露した。この日はベースを小原礼、ドラムをBase Ball Bearの堀之内大介、キーボードをフジファブリックの金澤ダイスケ、アコースティックギターを木内健務めた。

 『カーズ/クロスロード』は、ディズニー/ピクサーアニメシリーズの最新作で、自動車たちの世界を舞台に、スポーツカーのライトニング・マックィーンの活躍を描いた人気シリーズ『カーズ』の第3弾。続々と登場する最新鋭のレースマシンに勝てない時期を迎えた主人公が、事故でクラッシュを経験し引退を考え苦悩する姿を、仲間たちとの絆とともに描く。この日は日本語吹き替えの声を担当する山口智充、松岡茉優、藤森慎吾も登壇した。

 この映画の日本語版エンドソング「エンジン」に込めた思いを尋ねられると、奥田は「いや、迷惑が掛からないよう、まったく見当違いの曲にならないように」といきなり冗談っぽい話を絡めながら「予告編を見たんですが、そこでイメージが湧きまして」と映画のイメージに即した作品を作ったと語った。

山口智充、松岡茉優、藤森慎吾、奥田民生

 山口はアフレコの際にまだ日本語版エンドソングの知らせを受けていなかったことを明かしながら「(アフレコの)最後に民生さんの曲がバーっと流れた時に、サプライズみたいな感じで流されて…」と大いに驚いた様子を振り返ると、松岡も「予告編を録っていた時だったんですけど、歌が流れてきちゃったから泣けちゃって。予告編を泣きながら録りました」と思わぬアフレコだったことを回想した。

 また藤森は、中学生のころから奥田のシングル「愛のために」を聴いて大ファンになったことを明かしながら「この映画の主題歌が奥田さんになったと聞いてから、本当にこれが参加できることがうれしくて、この曲を何回も聞かせていただきました」とこの日の対面の喜びを語っていた。

 一方、この日は松岡、藤森のそれぞれのキャラにちなんだ応援を実施。チアリーディングに交じってダンスを披露し会場を沸かせた藤森は「『PERFECT HUMAN』で培ったリズムとダンスで、何とか踊り切れたのではないかと思っています」と自身のパフォーマンスを振り返ると、奥田は「応援っぽかったですよ。『PERFECT HUMAN』よりいいんじゃないですか」とコメント、笑いを誘っていた。

(取材・撮影=桂 伸也)