@AUTOCAR

写真拡大 (全9枚)

ジャガーE-PACEとは?

ジャガー初のコンパクトSUVにして、まったくの新型車「ジャガーE-PACE」(イーペイス)が発表された。

ジャガーにとって2番目のSUVとなるこのモデル。英国では年内に発売開始される。(その後には第3のSUV、電気自動車のI-PACEが待っている)

E-PACEは、ジャガーにとって最量販モデルとなる見込みだ。サルーン/スポーツモデルの合計販売台数を超えて、ブランドが急成長する原動力になると期待される。


E-PACEは、
・F-PACEよりもコンパクト
・F-PACEよりもロープライス
・5ドア、5人乗り
というSUVモデルで、BMW X1、アウディQ3とマーケットを争う。

ジャガーによれば、実用性と使い勝手は、ライバルに引けを取らないという。
 

ジャガーの味つけ D8アーキテクチャー

このコンパクトSUVが採用するのは、ランドローバー・ディスカバリー・スポーツと共用するD8アーキテクチャーだ。


しかし、チーフエンジニアのグラハム・ウィルキンスによれば、公道走行のパフォーマンスを「ジャガー仕様にした」という。

横置きエンジンを採用したE-PACEの製造は、ジャガー・ランドローバー(JLR)のやはり横置きモデルであるディスカバリー・スポーツ/イヴォークとは異なり、オーストリアのマグナ・シュタイヤーなどで行う。

ヘイルウッドに位置するランドローバーの工場では、上記のランドローバー2車種を生産しており、年産で数十万台規模を予定しているE-PACE用のキャパシティを確保できないのだ。


マグナ・シュタイヤーは、X-タイプ以来の
・スチールボディ
・横置きエンジン
・前輪駆動(四輪駆動もラインアップ)
というモデルをジャガーにもたらすことになる。
 

E-PACE 2.0ℓディーゼル/ガソリンのスペック

英国仕様のパワートレインは、下記の種類を用意。

2.0ℓディーゼル 150ps、52.4kg-m(前輪駆動、6MT)
2.0ℓディーゼル 150ps、52.4kg-m(四輪駆動、9AT/6MT)
2.0ℓディーゼル 180ps、59.4kg-m(四輪駆動、9AT/6MT)
2.0ℓディーゼル 240ps、69.0kg-m(四輪駆動、9AT)
2.0ℓガソリン 249ps、50.4kg-m(四輪駆動、9AT)
2.0ℓガソリン 300ps、55.3kg-m(四輪駆動、9AT)

トップモデルは、
・0-100km/h加速 5.9秒
・最高速度:243km/h
というパフォーマンスを発揮する。


サイズは、
全長x全幅x全高:4345x1984x1649mm
ホイールベース:2681mm
車重:1700kg
荷室容量:480ℓ

全長については、ライバル勢よりコンパクトなのが特徴だ。ブートスペースは、X1より25ℓ少ないものの、Q3よりも60ℓ大きい。
 

欧州は年内発売 英国価格418万円〜

サスペンションは、
前:マクファーソン・ストラット
後:マルチリンク
を採用。


とくに、
・アダプティブダイナミックダンパー
・四輪駆動の制御システム
・シャシー
については、公道でスポーティな走りを味わえるチューニングにしたという。

E-PACE 発売日と価格は?

英国発売は、2017年の終盤で、デリバリー開始は年末になるだろう。

英国仕様の価格は£28,500(418万円)〜という設定だ。