心疾患が発覚し移籍が消滅した久保裕也の同僚・ベルギー代表DFフォケがヘントと1年間の契約延長

写真拡大

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは13日、ベルギー代表DFトーマス・フォケ(22)と1年間の契約延長を発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。

▽フォケは2012年7月からヘントに所属。右サイドバックが主戦場ながら、ウイングやサイドハーフとしてもプレー。2016-17シーズンはベルギー・ジュピラーリーグで28試合に出場。ヨーロッパリーグでは9試合に出場していた。また、ベルギー代表としても2試合に出場している。

▽今夏フォケはアタランタへの移籍話が浮上。交渉は順調に進んでいたが、メディカルチェックの結果、心疾患が発覚。半年間プレーができない状況となっていた。

▽ヘントは2019年までフォケとの契約を結ぶことで、安心してリハビリができる措置をとったとのことだ。