デビューから無敗のまま歴代最多となる29連勝を記録した、将棋藤井聡太四段。

惜しくも30連勝とはなりませんでしたが、2017年7月11日に行われた対局で「解説者にも理解できない指し手」を見せて話題になっています。

藤井四段の指し手に解説者も唖然!

若手棋士らが参加する加古川青流戦トーナメントの3回戦で、都成四段との対戦した藤井四段。

序盤は都成四段が対局を優勢に進める展開。

藤井四段にとっては、かなり厳しい状況に追い込まれました。

が!!!

ここから藤井四段が覚醒します。

なんと『玉』を四段目まで進める指し手を見せたのです。

※写真はイメージ

奇策ともいうべき藤井四段の指し手を、解説の勝又清和六段と藤森哲也五段はこう評します。

「(サッカーの)ゴールキーパーが前に出ているようなもの」

産経WEST ーより引用

将棋が分からない人にとっても、かなりの奇策であることは理解できます。

そして、最終的には藤井四段が130手で勝利!

どれほどとんでもないことかは、先輩棋士である藤森五段の言葉を聞けば分かるでしょう。

藤森五段

(都成くんは何が悪かったかと聞かれ)相手です。よい子はマネしちゃダメな手ですね。読み切っていたら神ですよ。

「語彙力を失うとは、まさにこのこと」とネットが盛り上がりを見せたのも当然のこと!

もう漫画レベルの存在。年齢はもちろん、指し手もこれまでの将棋とは別次元!長年、プロとして活躍している先輩が唖然とするほどの指し手とは…末恐ろしいとは藤井四段のためにある言葉なのかもしれませんよ。漫画かと思った。将棋を知っている人にとって、藤井四段の手はほとんど神レベルです。

14歳という年齢ながら、次々に伝説を作り続ける藤井四段。

どれほどの棋士に成長するのか…今後の活躍が楽しみでなりません!

[文・構成/grape編集部]