お手軽なのに本格的な吹奏感!新楽器「Venova」ってなんだ?

写真拡大

これからの季節、屋外でのんびり音楽を楽しむのは至福の時間。聴くだけでももちろん楽しいけれど、ちょっと腕に覚えのある人なら、アウトドアで友達と気の向くまま即興セッションなんて最高です。とはいえ、炎天下となると保管や使用後の手入れにも気を使うし、万が一の事故や盗難を考えると大事な楽器を持ち出すのには少しためらいが…。そんな人なら一度試す価値ありなのが、ヤマハ「Venova(ヴェノーヴァ)」。いままでにない新コンセプトの管楽器です。

なんといっても特徴的なのは、ABS樹脂製のコンパクトボディ。軽く丈夫で汚れにも強いから、従来の楽器類と比べればその取り扱いはぐっと手軽です。楽器としての機構はサックスやクラリネットなどと同じシングルリードですが、リード部分にも専用の樹脂製リードを採用しているため、通常のリード楽器と比べて耐久性が高くメンテナンスしやすいのも特徴。屋外での演奏も気軽です。

指づかいはリコーダーの運指に基づいているので、音の出し方さえつかんでしまえば初心者でも比較的かんたんに演奏を楽しめそう。ちょっと敷居が高そうな管楽器をカジュアルに楽しめる、新ジャンルの管楽器です。

▲指の置き方はリコーダーを演奏するときとほぼ同じ

ヨーロッパ圏では今春より先行発売された本製品、国内では8月30日より発売予定、価格はオープンプライス。価格はオープンで、市場予想価格は1万円前後(税別)です。気になる音色はぜひ公式サイトで確認を。

>> ヤマハ 「Venova」

 

(文/&GP編集部)