梅雨は日本以外にもある?

写真拡大

6月から7月は、日本は梅雨の季節となります。じめじめとした気候が続き、洗濯物もなかなか乾かないので不快な思いをする人も多いでしょう。この梅雨は、日本だけのものなのでしょうか?

東アジアの広範囲に存在

東南アジアには雨季があります。しかし雨季といっても、1日の一定の時間にスコールと呼ばれる強い雨が降って、あとの時間は晴れます。日本の梅雨とは違うものだといえるでしょう。一日中、雨が降り続くような梅雨の気候は日本だけでなく東アジアの広範囲にわたって存在します。

なぜ存在するのか?

梅雨は日本を取り囲むように存在する4つの気団のせめぎあいによって梅雨前線が発生し、それが日本列島を広くおおうことで、ぐずついた天気が続く状態を指します。日本と同緯度にある朝鮮半島や、台湾、中国南部などに広く梅雨が発生する現象です。梅雨のシーズンに日本列島の天気図を見ると横長く延びている梅雨前線があります。この梅雨前線とほぼ同意度の地域には梅雨が存在するといえるでしょう。ただし、同じ日本であっても、緯度が低い北海道や、夏場に広がる太平洋高気圧に早くからおおわれる小笠原諸島は梅雨の影響をあまり受けません。