学生の窓口編集部

写真拡大

大学生のみなさんの中にはアルバイトで自分の娯楽費や生活費を稼いでいるという人もいらっしゃるでしょう。アルバイトの給料で注意しなければならないのは、その収入が年額どのくらいになるか、です。アルバイトの年収が103万円を超えるとちょっと面倒なことになります。今回はよく言われる「103万円の壁」とはどういう意味かについてご紹介します。


■「103万円の壁」とは扶養家族でいられるかどうかの境目

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

大学生の間は、ほとんどの人がご両親の「扶養家族」になっていますね。扶養家族は「養われている人」という意味ですが、国税庁の規定によれば「扶養親族とは、その年の12月31日の現況で、次の4つの要件の全てに当てはまる人」です。


1.配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます)又は都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された老人であること
2.納税者と生計を一にしていること
3.年間の合計所得金額が38万円以下であること
 (給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
4.青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと
⇒データ引用元:国税庁「扶養親族の対象となる人の範囲」
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm


これらの条件に全て当てはまる人は「扶養家族」になるので、納税者である親御さんは「扶養控除」という、税金の優遇措置を受けられるのです。大学生のみなさんを養っているご両親は、扶養家族がいる分税金が安く済んでいるというわけです。

しかし、103万円を超えて3の規定に抵触する場合が問題なのです。これがいわゆる「103万円の壁」といわれるもの。つまり、扶養家族でいられるかどうかが問題なわけです。

■「給与収入103万円 = 合計所得金額38万円」は「給与所得控除」があるから


アルバイトを行って1年間の給与収入が103万円を超えた場合、上記の中の3に抵触します。「合計所得金額」というあまり聞き慣れない言葉がでてきますが、「合計所得金額38万円」は「給与収入103万円」と同じことです。

なぜかといいますと、給与収入の場合には「給与所得控除」という「税金を安くするための仕組み」があって、

●給与等の収入金額が180万円以下の場合
⇒給与所得控除は、収入金額×40%
⇒65万円に満たない場合は「65万円」

となっています。つまり、アルバイトをして年間に103万円ぴったりの収入があったら、「103万円×40%= 41万2,000円」で「65万円に満たない」ですから、控除は「65万円」。ですから「103万円-65万円=38万円」で、所得金額は「38万円」になります。

アルバイトの場合、業種がなんであれほとんど全て「給与収入」になるでしょうから、給与収入が「103万円」ということは所得金額「38万円」というわけです。


上記の3の規定から、給与収入が103万円を超えると、総所得金額38万円を超えますので「扶養家族じゃない」となってしまうのです。すると、103万円を超えてしまうと所得税を納める必要が出てきます。また、自分自身だけではなく、ご両親の扶養控除もなくなってしまうので、支払う税金が上がってしまうのです。ややこしい話ですが、「アルバイト収入が年間103万円を超えそう」という大学生は、親御さんにも報告して税金について相談した方がいいかもしれません。


よく聞く「103万円の壁」についてご紹介しました。大切な知識ですので、大学生のみなさんはこのことを知った上で計画的にバイトに励んでください。

(柏ケミカル@dcp)