【ドバイ最新レポ】イスラムのおしゃれカフェで名物「ミントレモネード」を味わう

写真拡大 (全2枚)

とにかく“暑い”ドバイ。12月から2月にかけての冬ならまだしも、それ以外の季節、日中に外を街歩きなど考えないほうが賢明です。少し歩くだけでも、熱中症になりそうなレベル。

それでも街を歩いて一休みする時にオススメのドリンクが「ミントレモネード」。これ1杯で生き返ります。ミントをミキサーにかけ、レモネードにしただけのドリンクなのですが、これが本当においしく感じられます。

ドバイで最もアラブの歴史が感じられるエリア、アル・ファヒディ歴史地区(パスタキヤ)に、ミントレモネードがおいしいカフェがあります。このエリア、ドバイの昔ながらの街並みを保存しているエリアで、ホテルやカフェ、土産屋などがあって、ちょっとした観光名所。

「XVAギャラリー」は、ブティックホテルとギャラリーが併設されているおしゃれなカフェ。敷地の中庭部分がカフェになっています。中庭といっても、エアコンがちゃんと効いているので快適。

ミントレモネードは、このカフェの看板メニュー。まわりを見ると、観光客らしき人々はほぼオーダーしています。さわやかな味わいはくせになるおいしさ。スーク(市場)などで飲むよりは割高なものの、場所代と休憩代も込みと考えるとなんとか妥協できるお値段です。

なにより、暑さから逃れてクールダウン、中庭には木も生えているので、身も心も癒やされます。ギャッリーの見学はもちろん、自分の名前などをアラビア語の「カリグラフィー」で書いてくれるサービスも。ドバイでおすすめの一押しカフェです。

(Written by AS)