恋の予感も!? (C)2016 Ironworks Productions, LLC.

写真拡大

 ダニエル・ラドクリフが死体役で主演を務めた映画「スイス・アーミー・マン」の予告編と、共演のポール・ダノが海上でラドクリフにまたがり、清々しい笑みを浮かべる様子を収めたポスター画像が完成した。

 映画は、無人島でひとりぼっちだった青年が、死体とともに故郷への帰還を目指す異色のサバイバルアドベンチャー。孤独感から命を絶とうとしたハンク(ダノ)は、浜辺に打ち上げられた男性メニーの死体に気が付く。死体に浮力と推進力があることが判明すると、ハンクは死体にまたがり、島からの脱出を試みる。ダニエル・クワンとダニエル・シャイナートの監督コンビ(通称:ダニエルズ)が、長編初メガホンをとった。

 このほど公開された予告編では、死んでいるはずのメニーが、万能の“スイス・アーミーナイフ”のように活躍する様子が描かれている。メニーは、「死体でもいいから話がしたい」というハンクの願いに応えるように話し始めると、口から飲料水を吐き出したり、大木を叩き切ったり、炎を吹いたり、ロープを歯でカットしたりと驚きの能力を発揮。また、ハンクが思いを寄せる謎の美女の存在も明らかになり、複雑な恋物語の展開も気になる仕上がりとなっている。

 「スイス・アーミー・マン」は、9月22日から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。