『アウトレイジ 最終章』ポスタービジュアル ©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

写真拡大

北野武監督の映画『アウトレイジ 最終章』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

【予告編と写真を見る】

予告編は、ビートたけし演じる大友と、新キャストの大森南朋演じる韓国・済州島グループの市川が、マシンガンを乱射するシーンでスタート。同じく新キャストであるピエール瀧演じる花菱会の花田が「なめとんのか!!」と恫喝するのに対し、「なめてなんかいねーよバカヤロー!!」と返す大友の姿、大友が海に銃を放ち、魚を殺すシーン、大杉漣演じる花菱会の新会長・野村が土に埋められている様子などが映し出されている。

また花菱会の幹部・西野役の西田敏行、中田役の塩見三省、山王会の五味役の光石研、刑事・繁田役の松重豊、花菱会の若頭補佐・森島役の岸部一徳、花田の手下・丸山役の原田泰造、山王会・木村組の吉岡役の池内博之らの姿も確認できる。

10月7日から公開される『アウトレイジ 最終章』は、裏社会に生きる男たちの抗争を描く『アウトレイジ』シリーズの最終作。花菱会の花田が韓国出張中に日本と韓国を牛耳るフィクサー・張会長の手下を殺したこときっかけに、韓国のフィクサーと関西の花菱会が一触即発の状態になり、花菱会の内紛が勃発する中、韓国で張会長の下にいた大友が日本に戻ってくるというあらすじだ。