いつも大好きな彼には、甘えていたいものですよね♡でも男性の「甘えられるのは大歓迎だけどワガママなのはちょっと…」という声をキャッチしました。なんと「面倒くさい」と彼が引いてしまう、彼女のワガママ発言があるんだとか。自分はそんなつもりじゃないのに、もしかしたら言ってしまったことがあるかも!? さっそく見ていきましょう♡

甘えるのとワガママの違い




出典:Shutterstock.com

男性が「可愛いなぁ」と思えるのが甘えること。
小さいお願い、叶えられるお願いのことを指しています。一方ワガママだと男性が思うのは、一方的な内容です。自分主体の内容だとワガママと思われてしまうのかも。彼の気持ちを無視したり、彼の負担になるような発言は避けましょう!

彼が引いてしまう彼女のワガママ発言5選




出典:Shutterstock.com

■引きとめられること前提の「もう帰る」「もう別れる」発言

つい、ひきとめてほしくて本当は帰る気なんてないのに「もう帰る」と言ってみたり、別れる気はないのに「別れる」と言ってみたり。男性側も「またか」「本気じゃないくせに」とだんだんまともに相手をするのが面倒になってしまうそう。「気分屋」「起伏が激しい」と男性からは冷ややかなコメントが…! 男性からするとこの発言は逆効果なんです。
これは言ってしまう女性も多いと思うので、気をつけないとですね♡

■できない以前にやる気がなく「できない」と逃げる

普段同等な立場を主張しているのに、都合よく「できない」と女の子ぶるのはNG。たしかに女性の「できない」は、本当にできないから言っている場合もありますが「やりたくない」「面倒くさい」「なんで私がやらないといけないの」「あなたやってよ」が含まれている場合もありますよね。これが見透かされていて男性からは「やる気を見せてほしい」「がんばってほしい」の声が。面倒なことはすぐ丸投げしてくると思われると、彼に引かれてしまう原因になってしまうから注意してください♡

■「どっちでもいい」と言いつつ本当はどっちでもよくない

「なんでもいい」と言われたので自分で決めたら文句を言われた! という男性、少なくありません。実は女性の「どっちでもいい」は「どっちでもいい、とは言うものの本当は私がどっちを選びたいか分かるよね?」だったりします。これは女性ならわかるしあるあるだけれど、男性はさっぱりわからないみたい。
言葉通りに受け取る男性からすると「言われたとおりにしたのに…なんで彼女怒ってるの?」「面倒だなぁ」となってしまうのかも!
裏の裏をわかって、というのはワガママってことなんですね。

■「友だちが彼氏から○○買ってもらったんだって」など他人を介してのおねだり

はっきり「これ買って」とか「ここに連れて行って」とか言ってくるわけじゃなく「いいなぁ」「うらやましい」と発言するのは遠回しなおねだりに他ならない!? 「そうなんだ、とか相づちうつと怒りだすし買って欲しいってこと?」と男性は納得いかない様子…! 「いわなくてもわかるでしょ」は彼が理解できないのもわかってあげて♡

■次の日朝早いのに「今から会いにきて」

これって会いたいとき以外にも女性は言いがちです。「今すぐこれるぐらい私のこと好きかどうか見たい」という気持ちもありますよね。「好きなら今すぐこれるはず」は女性しかわからない考え方なのかもしれません。男性の本音は「もう頼むから勘弁して」だったりします。「今からきて」はワガママだと思われる可能性が高い発言なんですね!


出典:Shutterstock.com

いかがでしたか? 当てはまるかもという人は気をつけるべし♡面倒な彼女だと思われないためにも、ぜひ参考にしてみてください!