出典:Shutterstock.com

「好きな人となかなか良い雰囲気になったのはいいけれど、それ以上の進展が全くない!」 そんな悩みでモヤモヤしていませんか? 「このままモヤモヤするなら、いっそのこと自分から告白してしまおうかな?でも、やっぱり彼から告白してほしい。」そんなよくばり女子のための、相手から告白させるためにとるべきアプローチ方法を3つご紹介します! 

ふたりで過ごす時間を積極的に増やす!



出典:Shutterstock.com

ふたりきりの時間が増えると、それだけで告白のチャンスは格段に上がります。ただ、それだけでは彼からの告白は望めません。ふたりきりの時間は、またとないアピールタイムです。媚びすぎず、遠回しにし過ぎず、「あなたからの告白を待っていますよ♡」というオーラを出しましょう。夜、彼と一緒に食事へ行ったら、お酒も飲むかもしれません。その酔い覚ましに、公園に誘ってみては? 夜の公園にふたりっきり。レストランでもしっかり会話はできますが、まわりに人がいては告白しづらい状況です。なにげない会話から、次第に恋愛トークへ進めば、彼もあなたへの想いが口からあふれてしまうかも。

他の男性からアピールされていることをチラつかせる



出典:Shutterstock.com

いつまでも告白をしてくれない男性には、あなたを他の男性に盗られるかもしれないという焦りがありません。そんな甘い考えの男性には、「このあいだ、告白されちゃった」と話してみましょう。あなたに好意を持っている男性なら、焦りを感じて「他の男に盗られる前に!」と、あなたに告白してくれるかもしれません。「いつでも手に入る」なんて甘い考えを持っている人には、あなたを「手に入れたい!」と思わせることが彼からの告白への近道です。

フラれることを恐れている彼には自信をつけさせる



出典:Shutterstock.com

両想いのはずなのに、自分に自信が持てず、フラれることを恐れて告白できない男性も多いようです。ならば自信をつけさせてあげましょう! 言葉で直接「好きです」とまでは言わずとも、自分の気持ちを相手に伝えることが大切です。ボディタッチの回数を増やしたり、積極的に会おうと誘ってみたり、「あなたは特別」という空気感を出して、「もしかしたら彼女も自分のことが好きなのかも!」と思わせることができたら、告白までもう少しです。

「私、告白しない主義だから」と宣言する



出典:Shutterstock.com

最終手段として、自分は告白をしない主義だと宣言してしまいましょう。今までの接し方で、お互いに惹かれ合っていることがわかっていても、どちらかが告白をしないと付き合いには発展しません。そのため、先に「私、告白しない主義なんだ〜」と宣言しておくことで、彼を告白するしかない状況におくことができます。しかし、いきなり「私、告白なんてしないから!」と言ってしまうのはNG。あくまでも話の流れで、「恥ずかしいから告白なんてできない」というニュアンスで伝えてみましょう。

「この子と付き合えたら楽しいだろうな」と、告白するメリットを見いだせたら、男性はあなたへ想いを伝える決意を固めるはずです。好きな人との楽しい日々を手に入れるため、あなたも努力を惜しまず、告白されるその日まで女磨きを怠らないようにしましょう。