UEFA欧州女子選手権が16日にオランダで開幕

写真拡大

オランダはUEFA欧州女子選手権2017開催期間中にイスラム過激派組織(ISIL)が起こす可能性のあるテロについて調査を進めている。16日(日)に大会の幕が開く。

【関連記事:メッシファンが爆弾テロ未遂】

オランダ政府の反テロ組織「SITE Intelligence Group」は、ISILのUEFA欧州女子選手権2017開催中のテロ実行の呼びかけを察知した。ISILはアプリ「Telegram」を使用し、過激派の教徒らにオランダのユトレヒトでテロの実行を呼び掛けている。

オランダ国家の反テロ活動の責任者ら(NCTV)は、現在政府や大会運営側と協力しながらISILの脅威に備えている。
「UEFAはNCTVとの協力体制を強化しテロの危険性を評価する。我々はFIFAの判断を待っているところだ。」とNCTVは声明している。

現在のところ大会の中止の必要性を訴える者はいない。