劉暁波氏の死去を受け、中国・香港の中央政府駐香港連絡弁公室に設けられた記帳台に書き込む人(2017年7月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国外務省の耿爽(Geng Shuang)報道官は14日、獄中でノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)を受賞した民主活動家、劉暁波(Liu Xiaobo)氏の死去をめぐる外国からの批判に反発し、劉氏への対応は国内問題であり、治療にも「ありとあらゆる手を尽くした」と主張した。国営の新華社(Xinhua)通信が伝えた。

 耿報道官は「中国は法治国家である。劉暁波の件の扱いは中国の内政問題に属し、外国は(中国のことを)とやかく言える立場にない」と述べた。
【翻訳編集】AFPBB News