SUPER JUNIOR ドンヘ、ウニョクとファンの祝福の中“感動の除隊”(総合)

写真拡大 (全3枚)

SUPER JUNIORのドンヘとウニョクがファンの祝福の中、無事に除隊した。

ドンヘは14日午前、ソウル鐘路(チョンノ) 区ソウル地方警察庁で除隊式に出席。21ヶ月の義務警察服務が終了した。

2015年10月、忠清南道(チュンチョンナムド) 論山(ノンサン) 訓練所を通して入所。その後、1年9ヶ月間、ソウル地方警察庁警察広報団の義務警察として誠実に服務してきた。

「除隊前日は眠れませんでした。すごく緊張しました。こんなに多くのファンに来ていただくなんて、思ってもいなかったです。早朝からここでお待ちいただいていると聞き、とても感謝しています。これから良い姿を披露したいです」と伝えた。

また「母が作ってくれるご飯が食べたいです」と今の願望を表した。

この日の現場には取材陣だけでなく、韓国そして日本からもはるばる駆け付けたファンが除隊を祝った。また12日に除隊したばかりのウニョクがマスクと帽子をかぶって登場し、視線を集めた。ウニョクは心境を語ったドンヘをハグし、彼の除隊を祝った。

ドンヘとウニョクは今月23日、ソウル世宗(セジョン) 大学校大洋ホールにて開催されるSUPER JUNIORのユニット、SUPER JUNIOR DONGHAE&EUNHYUK(D&E) ファンミーティング「HELLO AGAIN」の準備に入る。

SUPER JUNIORはシウォン、リョウク、キョヒョンを除いた全メンバーが兵役を終えた。シウォンも8月に除隊予定だ。

今後のSUPER JUNIORは、軍服務中のリョウク、キュヒョン、自粛中のカンイン、今回の活動の不参加表明をしているソンミンを除き、10月カムバックの準備に入る。

・SUPER JUNIOR ドンヘ、本日除隊…ウニョクと熱いハグ