入団会見に臨んだポドルスキ。ユニホーム姿もお披露目した。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 先日、ポドルスキのヴィッセルへの入団会見が行なわれたね。周囲の熱狂ぶりは2014年にフォルランがセレッソに加入した時とよく似ている。
 
 関西空港に降り立った後はプライベート機で神戸空港へ移動し、会見の前にはウエルカムイベントも行なわれた。盛大な歓迎ぶりにポドルスキ自身も驚いたんじゃないかな。その数日後に加入したハーフナーは静かに入団会見を済ませただけに、その温度差は少し可哀そうになる程だった。
 
 ポドルスキはヴィッセルと3年契約を結び、年俸は6億円を超えるとされる。その額は歴代の名選手たちのサラリーと比べても群を抜く。ドイツ代表では通算129試合・48得点を記録し、ケルン、バイエルン、インテル、アーセナルなどにも所属した経歴を考えての好待遇なんだろうね。
 
 いずれにせよ、楽天の三木谷社長(神戸では代表取締役会長)がオーナーを務めるヴィッセルだからこそ実現できた契約だ。本音を言えば、ポドルスキの加入を機にほかのクラブにも「じゃあ、うちも大物を獲得しよう!」との気概を見せてもらいたかった。ジーコ、リネカー、ストイコビッチ、レオナルドらがピッチに立っていた華やかな時代に戻れば、Jリーグは再び興行的に発展できるはずだからね。
 
 ただ、今の日本にヴィッセルのように高額な年俸を払ってヨーロッパから選手を呼べるクラブはない。どのチームにも余裕がないのが現状だ。今年の夏のマーケットを見渡しても、サンフレッチェが丹羽、パトリック(ともにG大阪から)、ネイサン・バーンズ(FC東京から)を獲得するなど、“ドメスティックな移籍”が目立つ。国外からネームバリューのある助っ人を連れてくるクラブは見当たらないよ。
 
 それにしても最近は三木谷社長の姿をいろんな場面で目にするね。ポドルスキの入団会見では本人の隣の席に座り獲得の経緯などを説明し、楽天とバルセロナのパートナーシップ契約を記念したパーティーには、バルセロナのメッシ、ピケ、ネイマールやポドルスキらとともに出席した。
 
 サッカークラブのオーナーと言えばヨーロッパではチェルシーのアブラモビッチが有名だが、三木谷社長はJリーグで異彩を放っているよ。彼が今後、ヴィッセルをどのように変えていくのかは興味がある。
 一方、注目を浴びるポドルスキにはプレーで観衆を沸かせてもらいたい。残念な話、入団会見は盛り上がったようだが、個人的には日本ではそこまで馴染みのある選手だとは思えないんだ。街で彼の写真を見せても名前を答えられる人は限られているんじゃないかな。
 
 現にバイエルンやアーセナル、インテルに所属していた時は目立った成果は残せなかった。サッカー界では名は知られているけど、一般の人たちにはそこまで認知されていないのが実情だよ。トッティが本当にヴェルディに来たら、話題はさらわれてしまうはずだ。
 
 だからこそ実力でJリーグを盛り上げてもらいたい。デビューは7月29日の19節・アルディージャ戦になると言われている。今季、下位に低迷するアルディージャを相手にどんなプレーをするか、まずはお手並み拝見といきたいね。
 
 もっとも、その後は柏(8月5日)、鹿島(8月9日)、FC東京(8月13日)と、難敵が続く。この連戦で真価が問われることになりそうだ。
 
 くれぐれもチーム内で孤立してしまったフォルランの二の舞だけは避けてもらいたい。クラブとしてどれだけサポート体制を整えられるかが鍵になる。いち早くチームに馴染ませ、そのワールドクラスの能力をいかに引き出せるか。

 ネルシーニョ監督の手腕も大切だ。ポドルスキへの特別待遇を見てやきもちを焼く選手だっているはずだし、そういう軋轢をどう取り除くか、クラブやコーチ陣のマネジメント力が問われるよ。
 
 Jリーグのサマーブレイク期間(7月15日〜23日)には、アントラーズとセレッソがセビージャと、レッズがドルトムントとフレンドリーマッチを戦うけど、そこで来日した外国人選手にも勝るとも劣らないプレーを、ポドルスキには見せてほしいよね。
 
 また、18節を終えて9位のヴィッセルは、首位のセレッソとは勝点12差と、優勝を狙うには猛チャージが必要だ。ただ、“ポドルスキ効果”で巻き返せれば、リーグとしても盛り上がる。ぜひ、チームとしても頑張ってもらいたい。