ジェニロペの嫉妬が原因で「大喧嘩」か?

写真拡大

今年、元メジャーリーガーのアレックス・ロドリゲスと交際し始めた歌手で女優のジェニファー・ロペス。互いに子どもがいるものの裕福で、家族も認める仲の2人はこのままゴールインに至る可能性もあるという。しかしアレックスは大変よくモテるタイプで、かつてはマドンナやキャメロン・ディアス、ケイト・ハドソンも彼に夢中だったことで知られる。よってジェニファーは交際開始当初「用心しなきゃ」「彼の人柄を見極めなくちゃ」とずいぶん慎重だったもよう。そしてついには「彼の行動を監視し浮気の有無を調べる調査員を雇った」という報道が浮上した。

このほどある情報筋が『Us Weekly』の取材に応じ、ジェニファー・ロペスとアレックス・ロドリゲスの関係についてこのように明かした。

「アレックスが気付いたんですよ。ジェニファーが調査員を雇い尾行させているとね。それで2人は大喧嘩になってしまったんです。今は折り合いをつけつつある段階です。」

先月は過去に男女の仲だったと言われるフィットネスモデルが「アレックスにアプローチされているの」とタブロイド紙に“暴露”、それに悩んだジェニファーが仕方なく調査員を雇ったという。

しかし、この件について芸能情報の真偽を検証する『Gossip Cop』が取材を敢行。その結果、報道は「完全にでっち上げ」という証言を得たとのこと。アレックスは浮気などしておらず、ジェニファーが調査員を雇ったとする映画のような話も嘘だそうだ。また2人の関係は非常によく、アレックスはTV番組に出演し「野球で活躍した僕はずいぶん注目を浴びていたのに、彼女といるとボディガードに間違えられてしまうんだ」などとお惚気も披露している。酸いも甘いも経験してきた大人の2人だけに、今は信頼に基づく安定した関係を望んでいるもよう。近く破局に結びつくような大きな問題は、起きていないとみて間違いないようだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)