パウリーニョはバルセロナでのプレーを望む

写真拡大

広州恒大はFCバルセロナがパウリーニョ獲得に向けて提示した新たなオファーを再び拒否した。
ブラジルのポータルサイト“UOL”によると、バルセロナは2,700万ユーロ(約34億9,000万円)のオファーを提示していた。

【関連記事:パウリーニョ売却は断固拒否】

パウリーニョはFCバルセロナへの移籍希望を公に表明しており、同オペレーションを実現させるために年俸の減額も受け入れる意向を持つが、広州恒大の幹部達は移籍を認めない姿勢を貫いている。
「彼は売りに出されていない。」
FCバルセロナの幹部達にそう伝えた。

中国サッカーの移籍市場の閉幕まで48時間を切り、現時点で広州恒大は考えを変えていないが、バルサはまだ状況が一変する可能性があるという希望を捨てずにいる。