画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●世界から集められた蔵書約5,000冊を隠れ家のような空間で

ホテル不足が指摘されている大阪において、格安でアクセス良好な宿泊施設は貴重な存在だ。加えて、世界各国の蔵書約5,000冊が並ぶライブラリーも併設、などと聞くとワクワクしてこないだろうか。そんなホステルが大阪・難波にある。

○今だけ一泊1,500円〜

ホステル「WASABI 大阪 Bed and Library」へは、地下鉄御堂筋線なんば駅B21出口より徒歩約1分。"浪速の台所"として知られる黒門市場を始め、なんばグランド花月や千日前道具屋筋商店街へも徒歩2〜3分でアクセスでき、観光の拠点にもぴったりな立地である。

WASABI 大阪は2016年12月にオープンし、和風カプセルタイプのドミトリーを展開。全140ベッドで、男性ドミトリーや女性ドミトリー、男女混合ドミトリー(ノーマルタイプ/テレビ・パソコン付き/2段ベッドタイプ)と、さまざまなタイプを用意している。

どのタイプも、価格は通常税込2,500円〜だが、現在はオープニング記念で税込1,500円〜にて展開。このオープニング記念価格の期間は未定なので、早い内に訪れることをオススメしたい。なお、全ドミトリーは禁煙となっている。

○世界の本を好きな空間で好きなだけ

受付カウンターの奥には無線LAN完備のブックカフェが広がっており、壁面は約5,000冊の蔵書で覆われている。天井近くまでびっしりと並ぶその様子は圧巻なのだが、ふと見ると、棚の間に階段が設けられている。靴を脱いで登ってみると隠れ家のようなロフトがあり、ここでごろんと横になって本を読むのも気持ちがいい。

蔵書は漫画や小説、旅行ガイド、写真集などと多種多様。ビジネス書や哲学書までそろっており、空間がもたらしてくれる高揚感で、つい、普段は読まないであろう本にまで手が伸びてしまう。よく見てみると、日本語の他にも英語や中国語、韓国語、フランス語、ロシア語、タイ語とさまざまな言語の本もある。これらはスタッフが自ら現地で仕入れてきたそうだ。

「特にジャンルは定めず、いろいろな本をそろえました。すでにもう棚のスペースは限界に近付いているんですが、これでもまだ、棚に収めきれていない本もあるんですよ」とWASABI 大阪の支配人である大石夕貴さんは言う。本はドミトリーに持ち込みも可能なので、お休み前の一冊として楽しむこともできる。

このブックカフェエリアは宿泊者以外にも開かれており、1時間・税込540円から利用可能。駅近という立地ゆえに、日中にはビジネス利用の人も訪れるという。コーヒー(税込290円)やビール(税込500円〜)など、カフェメニューも豊富に取りそろえている。

続いては、パーソナルスペースとなるカプセルタイプのドミトリーを見てみよう。

●畳の上で眠る夜--目覚めてからはちょっとお得に朝食も

○カプセル空間も一つひとつにこだわりを

カプセルタイプのドミトリーは、2段ベッドタイプを除き、畳が敷かれている。布団は掛け敷き共に西川産業のものを使用。特に敷き布団は羊毛混四層敷き布団となっており、程よいボリュームで寝心地もいい。それぞれの空間には、読書灯とコンセントが完備されており(テレビ・パソコン付きタイプはUSBコネクトも設置)、エリアによって壁紙が異なるところに、こだわりを感じた。もちろん、ドミトリー内もWi-Fi接続無料だ。

ドミトリーと同じフロア内には、セーフティーボックスと冷蔵庫、洗面台、シャワー、トイレ、洗濯乾燥機(有料)が設けられている。洗面台にはアイロンが設置されているが、フロントでは美容家電の無料レンタルも行っている。この機会に利用してみるのもいいだろう。

○選べる朝食は前日予約を

ホステル内では軽食やドリンクの販売をしているが、24時間使えるカフェエリアへの持ち込みは自由となっている。でも、せっかくならカフェ内で調理される朝食も楽しみたいところ。朝食は「抹茶パンケーキセット」「3色おにぎりセット」「ハムエッグトーストセット」の3種類あり、それぞれコーヒーか紅茶、トマトジュースが付いてくる。当日にオーダーすると税込600円だが、前日までの予約で税込450円になるので、予定がある人はぜひ、前日の内にお願いしよう。

実際にWASABI 大阪を利用したところ、外国人の宿泊者が多い印象を受けた。聞けば、宿泊客の7割が訪日外国人のようで、特に関空を拠点としているLCC(ローコストキャリア)の影響で、韓国人の宿泊者が多いと言う。そのため、スタッフは英語の他に韓国語にも対応できるように備えている。

スタッフはとても気さくで、宿泊者が笑顔でスタッフに話しかけている姿を何度か見かけた。きっと日本人にとっても、今までとはちょっと違った大阪旅行が、ここWASABI 大阪で楽しめるのではと思う。