トッテナムに所属するカイル・ウォーカー【写真:Getty Images】

写真拡大

 トッテナムに所属する27歳のイングランド代表DFカイル・ウォーカーが、マンチェスター・シティに移籍することでクラブ間合意に達したようだ。13日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

 同紙によると、移籍金5000万ポンド(約73億3000万円)にパフォーマンスに応じたボーナス400万ポンド(約5億9000万円)を加えた合計5400万ポンド(約79億2000万円)のオファーをシティが提示してクラブ間合意に達したとのこと。

 仮にボーナスが満額支払われた場合、DFダビド・ルイスがパリ・サンジェルマンからチェルシーに移籍した際に発生した5000万ポンドを超える5400万ポンドとなり、支払額がDF史上最高額となるようだ。

text by 編集部