アン・シネ【写真:Getty Images】

写真拡大

サマンサタバサ・レディース初日、木戸愛、キム・ヘリムと同組で注目

 女子ゴルフツアーの「サマンサタバサ・レディース」(茨城・イーグルポイントGC)が14日、開幕する。前週のニッポンハム・レディースで日本ツアー自己最高の13位に入ったアン・シネ(韓国)は、日本ツアー5戦目で初のトップ10を狙う。

 アン・シネはニッポンハム・レディースで日本ツアー4戦目にして自己最高の13位。練習ラウンドでは代名詞の膝上30センチの超ミニスカで練習動画を公開し、相変わらずのセクシーぶりを見せつけていたが、初上陸の函館で持ち前のセクシーなウェアだけでなく、プレーでも魅了した。

 2週連続参戦となる今週は“5度目の正直”で初のトップ10入り、そして初優勝に期待がかかる。初日は12年覇者の木戸愛(ゼンリン)、キム・ヘリム(韓国)と同組。果たして、茨城で旋風なるか、注目が集まる。

 ほかには、2年連続賞金女王のイ・ボミ(韓国)は上田桃子(かんぽ生命)、菊地絵理香(オンワードHD)と同組。賞金ランク8位の堀琴音(東芝)は永峰咲希(ニトリ)、柏原明日架(富士通)と同組。今年から日本ツアーに本格参戦している中国の美少女ゴルファー、石ユウティンは川崎志穂(姉ヶ崎CC)、古屋京子(エモテント)と同組となり、熱戦が繰り広げられる。