画像提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開する大人の戦隊ファン向け玩具シリーズ「戦隊職人 〜SUPER SENTAI ARTISAN〜」より、特撮ドラマ『五星戦隊ダイレンジャー』に登場する気伝獣「ウォンタイガー」が、「DX大連王」に続く復刻ロボ企画第2弾としてリクエスト販売の対象となることが決定した。リクエスト受付開始時期などはまだ未定となっている。

「ウォンタイガー」は、"吼新星"キバレンジャーの気伝獣。気伝武人ウォンタイガーへの変形のほか、天空気殿と新星合体することで「牙大王」となる。復刻ロボ企画第1弾として発表されていた「DX大連王」と連動するものと思われる。「DX大連王」は、受付が開始されるやわずか一日で販売実現の規定数であった2,000個を突破していた。

「戦隊職人」は、2014年6月にバンダイのボーイズトイ事業部が立ち上げた新たな玩具シリーズ。バンダイが技術の粋を集め"違いのわかる大人の戦隊ファン"に向けて送る戦隊玩具としてスタートした。いままでに「超合金 烈車合体 DXトッキュウオー」「黒鉄変形 DXシュバルツ専用クライナーロボ」「超合金 オトモ忍シノビマル」「超合金 オトモ忍ロデオマル」「超合金 侍合体 DXシンケンオー」が発表されている。

(C)東映