学生の窓口編集部

写真拡大 (全18枚)



卒業旅行や海外旅行のの行き先として毎年大人気のヨーロッパ。定番のイタリア、フランスなどに次いで人気なのがドイツですよね。世界に誇れる歴史的建物も多く、観光名所はたくさん。またお酒好きの学生にとってはビールやソーセージがおいしいのも魅力的ですよね。今回はそんなドイツのミュンヘンのおすすめの観光地についてご紹介します。

■ミュンヘンの治安

旅行したいヨーロッパの国ランキング! フランス、イタリア、ドイツ、イギリス……1位はどこ?

ドイツはヨーロッパの中でも比較的、治安がいい国。しかし、最近のイスラム過激派ISISの活発なテロ攻撃によりナイトクラブや映画館、屋外での音楽フェスやスポーツ大会など多くの人で混雑した場所や、閉鎖空間を狙ってテロがおこる可能性が少なからずあります。

ドイツでは過去に、2016年ベルリンでのクリスマスマーケットへの車両突入、アンスバッハの野外音楽祭での爆弾テロ事件、ヴュルツブルク近郊の近距離列車の乗客襲撃テロ事件などが起こっています。

また、周辺国では2017年5月のイギリスマンチェスタでのコンサート会場爆弾テロ事件、2017年4月のスウェーデンストックホルム市内でのトラック突入テロ事件、2016年3月のベルギーブリュッセルの地下鉄、空港での銃撃・自爆テロ事件などが相次いでいますので、ヨーロッパ周辺国、ミュンヘンでも引き続きテロに注意が必要です。

■時差

日本とミュンヘンとの時差はマイナス8時間で日本の方が、8時間進んでいます。サマータイム中はマイナス7時間、日本の方が、7時間進むようになります。

■飛行時間

東京(成田、羽田)からミュンヘンまでは直行便が就航しています。フライト時間はどちらも12時間です。ルフトハンザドイツ航空、全日空、日本航空が東京(成田、羽田)から毎日ミュンヘンへ直行便を出しています。

ミュンヘンへの乗継(経由便)での移動については、ドバイ乗継のエミレーツ航空や、コペンハーゲン乗継のスカンジナビア航空、ウィーン乗継のオーストリア航空、ソウル乗継の大韓航空などがあります。時間はかかりますが安い航空券が手に入ります。

最近ではドイツでの国内LCCが人気ですのでエア・ベルリン(Air Berlin) 、ジャーマンウィングス(Germanwings)、インタースカイ(Intersky)などを利用して乗継移動をすると料金をさらに抑えることができるでしょう。

■旅費

上記でも記述しましたが、ミュンヘンへの格安旅行は「乗継便」利用で飛行時間を考えず、2泊5日などの弾丸旅行で組み合わせるフリープランのパッケージ旅行が、最安値8万円代〜などの目玉商品となっています。

基本的にドイツ国内で満足度が高いのは、ミュンヘン旅行(5泊7日)、内容はフランクフルトとミュンヘンの世界遺産めぐり(2都市周遊)、また、ロマンチック街道とミュンヘン(2都市周遊)7日間など、ドイツ南部に行き先を絞って計画をたてる旅行です。まずはどこへ行って何をしたいかをきちんと考えて、そこから旅行商品を比較してみましょう。

■言語

ドイツの公用語はドイツ語です。ドイツ国内では観光客も多いため比較的に英語が通じます。ありがとう=ダンケシェーン、こんにちは=グーデン・ターク、さようなら=アウフ・ヴィーダーゼーエンなど!基本の言葉は覚えていきましょう。

■その他、ミュンヘンを観光する際の注意事項

ドイツ旅行、ヨーロッパ旅行をする際にトライしたいのがレンタカーでの旅ですね。ミュンヘンから足を伸ばしてドイツのロマンチック街道やノイシュヴァンシュタイン城など自由にドライブして観光できたらこんなに幸せなことはありません。

ドイツ大使館によりますと、日本国内の運転免許証とそのドイツ語訳、または日本の運転免許証と国際運転免許証の両方持っていれば、6ヶ月は運転できるそうです。(レンタカー会社ではその他パスポート、クレジットカードが必要になります)車は「右側通行」で日本とは反対ですが、ヨーロッパで運転してみることも旅行の達人への第一歩になるかもしれません。

ミュンヘンのおすすめ観光1.マリエン広場

ミュンヘン中央駅からマリエン広場までは徒歩10分圏内で、このマリエン広場周辺にミュンヘンの観光名所、見所が集中しています。ドイツ最大の新市庁舎の仕掛け時計や、ノイハウザー通りのカールス門、ブランドショップが並ぶマクシミリアン通りなど、到着してすぐ荷物がなければ広場へ向かってミュンヘン観光をスタートさせたいほど、楽しい場所となっています。

お腹が空いたら、新市庁舎の地下の「ラーツ・ケラー」で本場バイエルン料理を満喫してください。自家製ソーセージの盛り合わせやハクセ(豚のスネ肉)にビールと色も満喫できるはずです。旅の観光拠点はマリエン広場にしてみると、ミュンヘンの地理がものすごくわかりやすくなります。

ミュンヘンのおすすめ観光2.クリスマスマーケット

マリエン広場のお祭りといえば冬の風物詩、クリスマスマーケットです。新市庁舎がライトアップされ、約30mの高さのクリスマスツリーがお目見えします。ホットワイン(グリューワイン)のマグカップが毎年各市で種類が違うので購入に悩むことも。ドイツは、街によって規模の大小に差がありますが11月下旬から12月24日までにぎやかで、マーケットにはツリー用のカラフルな飾りやクッキーの店が現れます。

ミュンヘンのおすすめ観光3.シュタイフ

ドイツ土産と言ったら愛らしいぬいぐるみのシュタイフがオススメです。シュタイフは、ドイツ生まれのクマのぬいぐるみですが、誕生した翌年にアメリカに渡ってからは「テディベア」の愛称で親しまれ世界中に広まりました。

モフモフの生地から光沢のある生地まで種類がたくさんあり、子ども向けから大人のコレクター向けまでさまざまなシュタイフが販売されています。最近ではクマに限らずネコ、セキセイインコなど空港限定でタイプ別に販売されています。もふもふのシュタイフに癒されながら帰国の途に就く人もいるかもしれませんね。

ミュンヘンのおすすめ観光4.マイセン

ドイツの磁器で最も世界的に有名なのは、マイセンです。定番のブルーオニオンと高貴な模様のカップは伝統的な手作業で絵付けされ、ヨーロッパ一の名窯として今も人気が衰えません。

年代ごとに文様や形が進化していったため、マイセン愛好家の中にはオークションなどで年代物のマイセンをコレクションする人も多くいます。カップだけでなくマイセン磁器はインテリア彫刻製品としてもきめ細やかな装飾が特徴です。家のリビングルームやオブジェ、壁飾りなどあらゆる空間を、華麗に装飾してくれます。

ミュンヘンのおすすめ観光5.ドイツビール


※画像はイメージです

ミュンヘンといえば、ビールの都として知られ、街の中心部はビアホールやビアレストランがたくさんあり、昼からにぎわっています。アルコール度数の強いドゥンケルや、レモン風味の炭酸甘味料で割ったラードラー、軽い飲み口のへレスなど好みのビールをメニューの中から選ぶことができます。

市内の大きな醸造所直営レストランには、ホーフブロイハウス、ヴァイセスブロイハウスなどバイエルン料理とともに楽しめます。毎年10月の第1日曜日が最終日のオクトーバーフェストは、さまざまな民族衣装のドイツ人がテントに集合し歌ったり踊ったり賑やか。16日間に渡って約770万人が訪れています。

ミュンヘンのおすすめ観光6.ドイツパン

ドイツ語でパンは「ブロート」。特にライ麦パンは味わいがあり、一般的に食べられているロッゲンブロートや、ミッシュブロート(小麦とライ麦のブレンド)がミュンヘンでは定番です。パン屋さんは朝7時から開店しているところが多く、コーヒーと一緒にその場で焼きたてパンを食べられるところもあります。

ミュンヘン中央駅のリシャルトも、焼きたてパンが朝早くからお店に並びます。セルフスタンドのカフェスペースもあり、コーヒーとともに具材が豊富なサンドウィッチやプレッツェルが楽しめます。

ミュンヘンのおすすめ観光7.オクトーバーフェスト

期間中、600万人以上が訪れるビールの祭典「オクトーバーフェスト」は、10月の第1日曜日を最終日として16日間開催され、およそ770万リットルのビールが消費されます。

ビール会社ごとに設営される巨大テントは、予約がないと入れないほどの人気で1テントに6〜7千人が入るというちょっと考えられないスケールの大きさです。

このお祭りの由縁は、バイエルン王家ルートヴィヒ1世の結婚の宴が始まりで、開催場所の名前は、お妃のテレージエンヴィーゼ、そのままの名が付いています。敷地内には遊園地も併設され、さまざまな民族衣装で着飾った人たちも集う華やかなお祭りです。

ミュンヘンのおすすめ観光8.ミュンヘン中央駅

ミュンヘンの陸の玄関口ミュンヘン中央駅は、ヨーロッパ各地から乗り入れのある国際列車や、ドイツ主要都市への列車がどんどん発着する駅です。国内での列車の種類はSバーン(ドイツ近郊列車)とUバーン(地下鉄)で形成されています。販売機はタッチスクリーン形式のコインで乗車券を購入します。改札はなく、切符に刻印する刻印機に乗車券を通すため、勝手がわからないと苦労するかもしれません。(刻印を忘れると、不正乗車になり罰金を徴収されます。気をつけましょう)

列車に乗車するとき、ドアは手動で閉まるのは自動です。車内アナウンスもあるところとないところがあるので、降車や乗り換えの駅はメモして自分でしっかり確認しましょう。

ミュンヘンのおすすめ観光9.ブンデスリーガ


※画像はイメージです

ドイツといえばサッカーのプロリーグ「ブンデスリーガ」が有名で、地域サポーターの熱狂的な応援の後押しもあり、観客動員数は世界一です。最も有名なチーム「バイエルン・ミュンヘン」は日本代表選手も籍を置くスター軍団。ホームはアリアンツ・アレーナで、試合開催日は熱狂的ファンが大勢押しかけます。

アレーナは、全席屋根付きで6万6千人収容のスタジアム。マリエン広場からUバーン6でフレットマニング駅下車、駅から徒歩15分の場所にあります。

現在、ブンデスリーガに所属する日本人選手はドルトムントの香川真司選手、シャルケの内田篤人選手、マインツの武藤嘉紀選手、アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠選手など日本代表選手がほとんどです。チームへの勝利貢献度が高い選手が多いため、ドイツ人サポーターから話しかけられることもしばしばです。

ミュンヘンのおすすめ観光10.カールス広場

ミュンヘン中心部にある広場「カールス広場」は大きな噴水があり、冬は小さなアイススケートリンクになる市民の憩いの広場です。旧市街へ続くカールス門や裁判所、フラウエン教会にレジデンツなどに近く、ミュンヘンの観光スポットが集まっています。

旧市街を取り囲んでいた城壁を1791年に撤廃したことにより広場が生まれ、カール・テオールにちなんでカール広場と称しましたが、ミュンヘン市民の間ではシュタフスとして馴染みがあります。

ミュンヘンのおすすめ観光11.ノイハウザー通り


※画像はイメージです

ノイハウザー通りは、カールス広場から始まる通りで、入口にはカールス門が建っています。この通りは、ミュンヘン一のショッピングゾーンで歩行者天国になっており、観光客はほとんどこの通りからマリエン広場へ向かって歩いていきます。カールス門から広場の噴水がある場所は、ミュンヘン旅行の記念写真として、とっておきの場所で撮影している人がよく見られるでしょう。地下にもぐると地下鉄UバーンやSバーンの駅とショッピングモールがあります。観光名所が凝縮された街で1日中歩き回っていると、なんだか不思議な感覚。ノイハウザー通りの雑踏にいると日本での生活をすっかり忘れてしまいそうになります。

ミュンヘンのおすすめ観光12.ミヒャエル教会

反宗教改革のシンボルとして1583〜1597に建てられた教会は、アルプス以北で最大の丸天井をもつ教会です。大通りに面したファサードには、歴代のローマ皇帝や聖人が並んでいます。

地下には、ヴィッテルスバッハ家の地下墓所があり、見学することができます。また、ルートヴィヒ2世の棺が置かれているため花が毎日供えられています。ルートヴィヒ2世の棺には、胸元に読みかけの本の装飾がされていました。教会に入るのは無料ですが礼拝中の見学はNGで、地下墓所に入るのは2ユーロかかります。

ミュンヘンのおすすめ観光13.フラウエン教会

ミュンヘンのシンボル、フラウエン教会の2つの塔は北塔が99m、南塔は100mで、両塔の上には玉ねぎ型の屋根がのっています。2つの塔は上まで登れますので天気のいい日はミュンヘン市内を上から眺めることができます。(南塔は有料)

そして、教会の内部の床石には黒い足跡のような石があります。言い伝えによると、この教会が完成して式が行われる前夜に、好奇心にかられた悪魔が正面から忍び込んだというものです。「悪魔の足跡」を残したそう。しかし、2歩3歩と前進すると、窓がありだまされたと思った悪魔は、教会を壊そうとしましたが歯が立たず諦めて帰った、というお話です。その黒い足跡の上に立ってみると不思議と窓が見えないということも、ずっと語り継がれている要因なのでしょう。

ミュンヘンのおすすめ観光14.ミュンヘン市立博物館

1888年創立、ミュンヘン市の歴史がひと目でわかる博物館がミュンヘン市立博物館です。中世に使用していた鎧や武器、民族衣装、彫刻や絵画が展示してあります。建物はかつての武器庫を改造したもので趣がある建物です。

さて、この博物館で見逃してはならないものの一つに木造の「モリスケンダンサー」という作品があります。男性が剣や杖を持って中世の民族ダンスを踊っているものです。作者はエラスムス・グラッサーで1480年の作品です。雨の休日はこぞって見学者が増えるミュンヘン市立博物館。自動オルガンやオルゴールがいろいろあって面白いですよ。

ミュンヘンのおすすめ観光15.レジデンツ

バイエルン王家のヴィッテルスバッハ家の本宮殿が「レジデンツ」です。長い歴史の中でルネッサンス〜バロック〜ロココと増改築が行われたため、複雑に入り組んだ屋敷になっています。この宮殿には、モーツアルトやゲーテ、ナポレオンも訪れたことがありその華麗さに絶句したそうです。

内部は4つの博物館と劇場になっていて、かつての王宮そのものが見学できます。豪華な大広間や豪華絢爛な部屋はレジデンツ博物館としてそのままみられますので、クヴィリエ劇場や古代彫刻や天井画を散りばめたアンティクヴァリウム、宝物館の聖ゲオルク騎馬像などをご覧ください。

ミュンヘンのおすすめ観光16.アルテ・ピナコテーク


アルテとは、ドイツ語で「古い」を意味する言葉で、その名がついたアルテ・ピナコテークは1836年に創立したヨーロッパを代表する美術館のひとつです。作品は、15世紀から18世紀のヨーロッパ絵画が豊富に取り揃えられています。特にレオナルド・ダ・ヴィンチの「聖母子」や、ドイツの画家デューラーの「四人の使徒」、アルドドルファーの「アレクサンダー大王の戦い」などは一見の価値ありです。

美術館の中は、貴重品以外の持込みを制限していますので、大きな荷物がある場合はクロークに預けるか(有料)、ロッカーに入れるなどを行ってください。

ミュンヘンのおすすめ観光17.モダン・ピナコテーク

20世紀から現代までのアート作品が所蔵されているモダン・ピナコテークは、ピカソやクレーなどの作品が展示されています。ドイツを代表する車メーカー、ポルシェのクーペ型や、ドイツが誇るエレクトロニクス産業、液晶テレビほかも展示されています。

1階のカフェは、名物フードのソーセージやプレッツェルなどのメニューが豊富で現代ドイツを満喫できる場所のひとつとなっています。

アルテとは、ドイツ語で「古い」ですが、モダンは「近代/現代」を意味する言葉です。対にいなるアルテ・ピナコテークとモダン・ピナコテークは、時間があれば2つとも鑑賞したい美術館ですね。

ミュンヘンのおすすめ観光18.ニンフェンブルグ城

ミュンヘン中央駅から市電で15分ほどの場所にニンフェンブルグ城があります。ドイツで最大級のバロックの城で、妖精(ニンフェ)の城(ブルグ)が名前の由来となっています。広大な敷地に庭園と小さな城館があり、ゆっくり見ていると半日以上はかかってしまうでしょう。ノイシュヴァンシュタイン城を建てたルートヴィヒ2世の産まれた場所といわれているニンフェンブルグ城。戦争被害を受けていないお城としても知られています。

内部には、シュタイネルネ・ザールという大広間があり内装のいたるところに贅が施されています。天井画や壁の装飾の立派さに驚くことでしょう。「美人画ギャラリー」というルートヴィヒ2世の愛した36人の肖像画も面白いです。銀色に輝く銀色の間や華麗なロココ様式の部屋群も見ごたえあります。

特徴といえば、なんといってもその大きな庭。水鳥たちも絵になっていて絵画のような雰囲気にみんなうっとりとこの光景を眺めてしまうでしょう。

ミュンヘンのおすすめ観光19.ダッハウ強制収容所

ミュンヘン郊外、中心部から19km離れたダッハウにはナチスによる強制収容所があります。第一次世界大戦時に、ダッハウの町の火薬工場として使われていた廃工場を利用し、建設されました。ドイツで初めて作られた強制収容所で、ユダヤ人だけでなく、宗教や政治上問題があった人々も収容されていました。アウシュビッツ(ポーランド)と同じように、「労働は自由をもたらす」というスローガンが掲げられている門もあり人々が収容されていた部屋や敷地のはずれにあるガス室や焼却炉も保存されていています。

ガイドは、英語かドイツ語で1日に5回当時の様子をドキュメンタリー化したフィルムの上映があります。

ミュンヘンのおすすめ観光20.バイエルン州立歌劇場

ドイツを代表する歌劇場「バイエルン州立歌劇場」は、マックス・ヨーゼフ1世が19世紀前半に建設されました。毎年9月の中旬から6月までがシーズンで毎夜オペラ(またはバレエ)が上演されます。最大のイベントはオペラフェスティバルで、夏に開催されます。

チケットの予約方法はインターネットでも可能(クレジット決済)ですが、チケットの郵送や窓口受け取りなど様々な方法がありますので、英語かドイツ語が必要です。上演チケットは公演3時間前から、最終電車(バス)の無料乗車券にもなります。

ミュンヘンのおすすめ観光をご紹介しましたがいかがでしたか? 多くの歴史的建物を見ることができるミュンヘン。社会や美術の教科書で見ていた世界が目の前に広がります。またドイツの食べ物は比較的日本人の味覚に合うのも魅力的ですね。ドイツ旅行に行った際は、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)

学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。