「空海 KU-KAI」ポスタービジュアル (C)2017 New Classic Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film

写真拡大

 巨匠チェン・カイコー監督、染谷将太主演の日中共同製作映画「空海 KU-KAI」のポスタービジュアルが、このほど公開された。総製作費150億円という巨費が投じられた本作の壮大なスケールを感じさせる仕上がりだ。

 本作は、ベストセラー作家・夢枕獏氏が執筆した「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(全4巻/角川文庫・徳間文庫)を原作にしたスペクタクル映画。遣唐使としてやってきた若き日の空海(染谷将太)が、詩人の白楽天(ホアン・シュアン)とともに、唐の首都・長安を揺るがす巨大な謎に挑むさまを描く。2人は謎の核心へ迫るなかで仲麻呂(阿部寛)の足跡をたどることになる。

 撮影は、2016年7月31日〜17年1月4日の約5カ月に及ぶオール中国ロケを敢行。また中国の湖北省・襄陽市(じょうようし)に、約6年の歳月をかけて、東京ドーム約8個分(36万7000ヘクタール)という、超巨大な長安の都をかつてない規模で再現している。中国映画史上最大のオープンセットには、日中から一流のスタッフ約700人が集結し、カイコー監督の指揮のもと、圧巻の撮影が行われた。

 黄色みがかった青空、燃え盛る炎がインパクト抜群のポスタービジュアルは、雄大な長安の都をバックに、網代笠を被った空海の姿をとらえたもの。空海の手にした金剛杖からは青白い光が放たれており、「史上空前の大冒険が始まる。」というキャッチコピーが予想だにしないアドベンチャーの幕開けを予感させる。

 「空海 KU-KAI」には、松坂慶子、火野正平、チャン・ロン・ロンも出演。18年に全国公開。