英国出身のジャーナリスト、ジョナサン・ウィルソン氏【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

売れに売れた『サッカー戦術の歴史』。エキサイティングだった製作期間

 イギリス出身の戦術研究第一人者であるジョナサン・ウィルソン氏と、田邊雅之氏の共著『戦術の教科書』(カンゼン)が出版された。ジョナサン・ウィルソン氏は、いかにして戦術論者となっていったのか。共著として執筆に携わった田邊雅之氏が、かつてウィルソン氏に行ったインタビューの中から、そのルーツを語った部分を紹介する。(取材・文:田邊雅之)

----------

――以前君は、フットボールは戦術がすべてじゃない。試合の結果は様々な要素によって決まるし、戦術的な観点ばかりでゲームを捉えると、むしろ本質が見えなくなるとも言った。

 でもジョナサン・ウィルソンと言えば、やはり戦術分析の第一人者としてのイメージが強い。「インバーティング・ザ・ピラミッド(邦題:サッカー戦術の歴史 2-3-5から4-6-0へ)は世界各国で売れに売れたし、ウィリアムズ・ヒルが主催しているブックコンテストのショートリスト(最終選考作品)にも残っている。今、改めてあの本を振り返った印象は? 君にとって、どんな作品になったんだろう?

「締め切りまでの3、4ヶ月前は、僕の人生の中で一番エキサイティングな時期だったよ。傲慢な言い方はしたくないけど、納得ができる作品に仕上がることはわかっていたからね」

――当時のことに関して、一番覚えているのは?

「毎朝、5時半や6時頃に起きる生活を続けていてね。目が覚めるたびに、むかむかして吐き気がしたのを覚えている。

 とは言っても、もちろん体調が悪かったじゃない。『自分は今、本当に書きたかった本を書いている』という実感があったし、神経が高ぶって興奮し過ぎている状態が続いていたんだ。あの頃は、毎朝、トイレに駆け込んで吐いたりしていた。最後はまるで妊婦さんのような具合だったよ」

――アドレナリンが大量に分泌されていたんだね。

「そう。こんな風に言うと、ずいぶんひどい状態だったように聞こえるだろうけど、全然悪い現象じゃなかった。

 本を書くにしても何をするにしても、僕はあんなに興奮したことはなかった。自分の情熱のすべてを注ぎ込んでいたし、寝ても覚めても、ひたすら本のことだけを考えていたんだ。

 そういう意味では、売れるかどうかなんて気にもならなかった。いや、もちろん売れればいいなとは思っていたよ。だけど何よりも大切なのは、自分が本当に書きたかった本を書くことだったから」

“戦術ブーム”の高まりが追い風に

――でも実際には、世界的なベストセラーになっている。出版社から報告を受けたときには驚いた?

「そりゃあ、あんなに売れたことに対してはびっくりしたよ。僕自身はまったく予想していなかったからね。

 ただ、さっきも言ったように、自分が携わった本の中で、一番いい作品になることはわかっていた。もちろん僕は将来的にもっといい本を書いていきたいから、あの作品が自分のキャリアのクライマックスになるのは困る(笑)。でも、いいものに仕上がったのは嬉しかったね。ウィリアムズ・ヒルの最終選考に選ばれたのも、ものすごく栄誉なことだったし」

――あの本は是非、翻訳を手がけたかった。君からはドラフト(草稿)をかなり早い段階でもらっていたし、ちょうどロンドンで足を折った後で、自宅で時間を過ごさざるを得なかったから、原稿も一気に読み終えることができた。

 で、これは自分がやるしかないと思ってね。昔から懇意にしていた編集者もサポートしてくれたから、意気込んで某出版社に企画書を持ち込んだら、にべもなく却下(苦笑)。まあ、世の中そんなものだけど。

 個人的な話はさておいても、あの本は戦術論に関心がなかった人たちの目も、戦術論に向けさせたのは事実だと思う。日本では、君の本の内容を参考にしたような解説書さえ出版された印象がある。自分の作品が与えた影響の大きさについてはどう思う? 戦術論議自体を活性化させるための、一つの触媒になったという認識は?

「そう言ってもらえるのは嬉しいけど、あの本が反響を呼んだのは、巷でフットボールの戦術論そのものに対する関心が高まっていた側面も大きいと思う。新聞でも戦術の記事がものすごく増えてきていたし、インターネットでも、いろんな人が戦術について書くようになってきていたからね。ある意味、追い風が吹いていたし、その追い風にうまく乗れたのはラッキーだった」

――君自身が、新しい流れを作った側面もあるんじゃないだろうか?

「いや、それは違う。僕はあくまでも、大きなブームの一部分を担ったに過ぎない。本当にタイミングが良かったんだ。

 たしかに僕の本は、あいまいだった戦術用語を改めてきちんと定義したと思う。でも戦術や戦術の歴史に対する関心は、すでにサッカーファンの間で高まり始めていたんだよ」

戦術論に関心を持ったきっかけ。「フットボールが下手だった」

――そもそも君が、戦術論に関心を持つようになったきっかけは?

「多分、最初の要因として大きかったのは、ものすごくフットボールが下手だったことだと思う。僕は子供の頃からフットボールが大好きだったけど、残念ながらプレイヤーとしては、お世辞にもうまいとは言えなかったんだ」

――自分で言うほど下手だったかどうかはともかく、君がフットボールを見るのもやるのも好きだったことは、僕もよく知っている。2004年頃に君と仕事をし始めた頃、草サッカーをしていて顔にボールが思いっきり当たり、鼻が曲がったとか元に戻ったとかいう話をしたのを覚えているぐらいだから(笑)。

「よく覚えているね(笑)。それはともかく、フットボールが下手だったら、なんとかしてうまくなりたいと思うようになるだろう? だから6歳か7歳の頃に、『レディバード・ブックス』を買ってみたんだ。『レディバード・ブックス』はすごく良質な本だけど、たまたまその中の一冊が、フットボールについて解説していたからね」

――イギリスではおなじみの児童書だね。読んでみてどうだった?

「正直な話をすると、戦術が解説されている箇所は2ページしかなくて、書いてある内容も『これが4-4-2です、これが4-3-3です』といったような、すごく初歩的なものだった。

 でも、その手のシステムの話に、なぜか興味を惹かれたのを覚えている。子供の頃に関していうと、『サブティオ』にも影響を受けたかな。サブティオは知っている?」

――もちろん。今も書庫か実家のどっかにあるんじゃないかな。

「なるほどね。僕の場合は、子供の頃に父とサブティオよくやったんだけど、あれで遊んでいると、ベーシックな戦術のようなものを考えるようになるじゃない?」

――たしかに。ビリヤードと同じで、次にどこにボールを弾けばいいかを考えるようになる。

「僕の場合は西ドイツの代表チームを選んで、父さんと試合をやったんだ。サブティオを通じて、全体を俯瞰してみるような発想が、なんとなく身についていったのかなという気はするね」

「3-5-2vs4-4-2」が契機に。大学時代の実体験

――戦術的な視点が、おぼろげながらも育まれていったと。

「それとやっぱり決定的に大きかったのは、大学時代の経験だと思う。

 僕はオックスフォード大学時代、カレッジのフットボールチームに所属していたんだ。1軍では10試合ぐらい、2軍や3軍では50試合ぐらい出場したけど、僕たちのチームは様々なチームの中で唯一、3バックを使っていてね。当時――1990年代の中頃は、イングランドでも3バックが既に注目されていたから、その流行に乗ったんだ」

――君のポジションは?

「右のウイングバック」

――ずいぶんとまあ、大変なポジションを引き受けたもんだね(笑)。

「大学時代にはクロスカントリーの大会にも出場したし、ホッケーもやっていたりしたから体力だけはあったんだ。テクニックはなくとも、タッチライン沿いを上下に走り続けることならできるだろうってことで、右のウイングバックをやることになったんだよ。

 そしたら何が起きたと思う? 大学生のアマチュア、しかも選手の力はそんなに変わらないはずなのに、3-5-2でプレーしている僕たちのチームは、4-4-2を敷いている相手に必ず勝ったんだ。

 理由は簡単さ。3人のセンターバックは、2人のフォワードとマッチアップするから、ディフェンスラインでは一人分、数的な優位に立てる。相手のセントラルミッドフィルダーが2枚なのに対して、こっちは3枚いるから中盤も支配できる。

 もちろん僕たちのようなウイングバックは、相手のフルバック(サイドバック)を前に上げさせるなと命令されたし、フルバックとサイドハーフを一人で相手にすることにもなる。でも実際にはウイングバック1枚で、相手のサイドの選手二枚をカバーすることができた」

――戦術論的に言えば、ウイングバックが押し込まれて5バックにならずに、3バックの状態を維持できた。

「そう。だから僕のチームは勝ち続けた。あれは最高の気分だったし、そこから戦術分析に興味を持ち始めたんだよ」

――君の場合は、自分の実体験が戦術分析のモチベーションになったと。

「その通り。さっきも言ったように、子供の頃から漠然と戦術に興味はあったけど、ここまで深く関わるようになったのは、やっぱり大学時代の経験が大きいと思うんだ」

(取材・文:田邊雅之)

text by 編集部