画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●美容医療の始まり

医療機器や材料の進化、さらには「プチ整形」というキャッチーな言葉のおかげで、急速に浸透していった美容医療。「バレたら恥ずかしい」という意識から、隠れて施術を受ける……という感覚は過去のものになったと言えるのではないだろうか。

「手っ取り早く悩みを解決できる」「ずっと若々しい印象をキープできる」など、自力のケアとは比べ物にならないメリットがあることは確かではあるが、美容医療はエステとはまったく異なる。安易な施術は危険と隣り合わせであることや、デメリットもあることまでわかって施術を受けている人は、いったいどれだけいるのだろうか。身近になった今だからこそ、美容医療について正しく知っておく必要があるだろう。

そこで今回は、医師の視点からみた美容医療の現状や真実、そしてこれからについて北里大学形成外科名誉教授・塩谷信幸先生に聞いてみた。

○形成外科と美容外科は手術の原因が違う

美容医療の始まりは、外科が進歩する19世紀初頭から20世紀の初めにかけて。体の機能改善の必要がなくても、ただ形を整えることを目的にした形成外科から発展した。日本に到来したのは50〜60年前で、それまでは形成外科に相当する施術を耳鼻科や皮膚科、眼科で行っていた。

もともとは「患者が社会復帰をするため」という名目で外見の治療が認められていたが、しだいに形を整えるだけでなく、「美容的なニーズ」に応えられる医師の必要性が高まり、いわゆる美容整形が発展してきた。

二重にしたり鼻を高くしたりすることを美容整形と呼ぶため混乱しがちだが、形成外科と美容外科と整形外科はそれぞれの役割が全く異なる。

■整形外科……骨・関節・筋肉・じん帯・脊髄など、運動機能の回復を目的とした治療をおこなう分野

■形成外科……火傷や交通外傷、病気など、先天的・後天的な形態異常を扱う分野

■美容外科……生まれつきの容貌・容姿を美しくするために手術をおこなう分野

整形外科は骨や関節を扱う分野で、美容とはまったく関係のない分野。そもそも「美容整形」という分野は法律上なく、二重にしたり鼻を高くしたりという施術を行うのは、美容外科と形成外科だけ。

形成外科は病気や外傷を負って崩れた顔など、醜形を皮膚移植などで治す分野のことを指す。それに対して美容外科は、生まれつきの容貌や容姿を美しくするために手術などを行う分野のこと。つまり、形成外科と美容外科はやることは同じでも、手術に至る原因が違うというわけだ。

●二重手術は明治時代からあった!?

二重の手術でいえば、実は明治時代から行われていたという。ただし、当時の技術力ではいかにも「整形しました」というような仕上がりになり、やればやったと騒がれてしまうため、「隠れて行うもの」とされてきた。手術自体も女優など特殊な職業の人からのニーズが多く、一般的なものではなかったという。

そのようにみられていた美容医療は、直近30年ほどで一気に身近な存在となった。「絶対に安全」ということはありえないものの、手術法のバリエーションや医師の技術力が大幅に進歩。高い安全性とナチュラルな仕上がりを両立できるようになった点に加え、費用も低く抑えられるようになったことが美容外科手術への抵抗が薄れた理由と言えるだろう。

また、昔は「二重手術は切開しないと元に戻る」と言われ、メスを入れるのが一般的だった。だが、ある時期から糸で止めるだけの縫合法という手術法が主流に。縫合法は次第に元に戻りやすいが、そのことが「元に戻るから大丈夫」「戻ったらそこで手術を考えればいい」などの気軽なイメージを生み、美容外科へのハードルを低くしたとも言われている。

○「少し物足りない」ぐらいがよい?

元に戻せるという気軽さで人気のプチ整形。二重だけでなく、鼻筋をシュッとみせるヒアルロン酸注入や、微笑み顔やシワのない肌をキープするボトックス注射など、年々施術を受ける女性が増えている。しかし、この「元に戻る」という売り文句、本当に信じてよいのだろうか。

「ヒアルロン酸やボトックス注射は、一般的に言われているように時間の経過とともに体内に吸収され、元に戻ります。しかし、中には吸収されにくい未承認の注入物を使うクリニックもあり、それによって炎症反応が起こる人がいるのも事実。どんな施術も絶対に安全ということはありませんが、少しでもリスクを回避するなら、やはり『吸収しない』を売りにする製剤は使わないほうがよいでしょう」

ボトックスに関しては、基本は数カ月で元に戻るが、何度もやると少し筋肉が萎縮すると言われているという。やりすぎると表情が乏しく、不自然に見えることもあるので、ほどほどがよいとのこと。

「プチ整形は効果もプチ」と言われるが、同時にリスクもプチなところが魅力とも考えられる。「効果を上げよう」と思えば思うほど、リスクは高くなる。「少し物足りないな」と感じるところでやめるのが、いくつになっても素敵と思われる秘訣ではないだろうか。

からだエイジング