「シンデレラ」アンティーク絵本

2017年7月15日(土)から10月1日(日)まで、SUWAガラスの里の美術館にて「シンデレラとガラスの靴展」が開催される。アンティーク絵本コレクターかわたまさなお氏の協力のもと、19世紀から20世紀初頭に出版された貴重なシンデレラの絵本を150点ほど展示。参加費は大人700円(7月15日と7月16日は600円)/ 中学生以下無料で、本特別展の入場料とオリジナルグッズの売上げの一部は、長野県立こども病院および国立成育医療研究センターの子どもホスピスの運営に寄付される。会期中の開催時間は9:00〜18:00。
「シンデレラ」の物語は、世界各地にさまざまなバージョンがあり、その起源には諸説がある。その「シンデレラ」の作中で印象的なものがガラスの靴。ガラス素材を用いた新しい芸術が開花した19世紀末は、石版多色刷り印刷の技術が普及したことから大衆向けのカラー印刷の絵本が市場に出回るようになり、とりわけ「シンデレラ」は人気のタイトルであった。本展では、その「シンデレラ」のガラスの靴に焦点を当てたアンティーク絵本が展示される。関連イベントとして、再現ドレスの展示やランタンスライド上映、シンデレラや絵本の世界を楽しめる撮影コーナー、ドレスとガラスの靴での撮影会(女性限定 / 予約制)なども実施。実際に履くことができるガラスの靴の展示も行われる。

「シンデレラ」アンティーク絵本

実際に履けるガラスの靴も展示

■期間:
2017年7月15日(土)〜10月1日(日)

■開催場所:
SUWAガラスの里の美術館
長野県諏訪市豊田2400-7

■問い合わせ先:
SUWAガラスの里の美術館(株式会社信州諏訪ガラスの里)
url. http://www.garasunosato.com/
url. http://www.princess-museum.com/