SUPER JUNIOR ドンヘ、本日(14日)除隊…「カムバックに高まる期待」

写真拡大

SUPER JUNIORのメンバードンヘが本日(14日)、義務警察としての服務を終えて除隊する。

ドンヘは14日午前、ソウル鍾路(チョンノ) 区ソウル地方警察庁での除隊式を最後に、21ヶ月間の義務警察生活を終える。

ドンヘは10月15日、忠清南道(チュンチョンナムド) 論山(ノンサン) 陸軍訓練所を通じて入所した。以後、1年9ヶ月の間、ソウル地方警察庁警察広報団の義務警察として服務してきた。

12日に除隊したウニョクに続き、ドンヘも除隊し、SUPER JUNIORの復帰が徐々に近づき、期待感を高めている。SUPER JUNIORは10月に新しいアルバムの発売を目指している状況だ。

義務警察として服務中のシウォンも来月に除隊し、最後の走者として活動メンバーに合流する。ヒチョル、イトゥク、イェソン、シンドンとウニョク、ドンヘ、シウォンが団結し、SUPER JUNIORとして戻ってくる。特にウニョク、ドンヘ、シウォンは休むことなく、すぐにステージに上がり、長い時間待ってくれたファンの期待に応える。

カンインは自粛、ソンミンもしばらく活動を中断した。リョウクとキュヒョンは現在、軍服務中だ。