手軽にパーカッションの伴奏を!18種類の音色を楽しめるリズムマシン

写真拡大 (全4枚)

パーティや家族の集まりなどで、ギターなどの音楽があったら盛り上がりますよね。そこに伴奏が加わったら一層楽しいもの。そこで活躍するのが、奏でる音楽に合わせてパーカッション伴奏をしてくれるアイテム。ソロ演奏がセッション感覚となり、表現の幅がぐっと広がります。

BOSSのリズム・パートナー「DR-01S」(オープン価格 2017年10月発売予定)は、ギター、ウクレレなどアコースティック楽器にパーカッションのリズム伴奏を手軽に加えられるアイテムです。好みのパーカッション音色やリズム・パターンのバリエーションを選ぶだけで、リズム伴奏を再生。従来のリズムマシンといえば、演奏パターンをプログラムする作業が必要でしたが、カンタン操作でOKというのが嬉しいですよね。再生が始まる前にカウント音を鳴らしたり、リズムを止めた際のフェードアウト機能もあるので、演奏の場が盛り上がること、間違いなしです。

パーカッション音色は実に18種類も! シェーカー、タンバリン、マラカスや、カホン、コンガ、ボンゴ、さらにはドラムセットまで、アコースティック楽器と相性の良いパーカッション音色を搭載しています。内蔵パターンのバリエーションは、シンプルで汎用性の高いものが用意されているので、さまざまな曲やジャンルに対応。最大7種類の音色を重ねることもできますし、パーカッション音色と内蔵パターンを組み合わせることで、オリジナルのリズム・パターンへ発展させることも可能です。

さらに、一人で練習したいときにも大活躍。パターンの組み合わせは本体メモリーへ保存できるので何度も繰り返し練習したいときに使えますし、練習に欠かせないメトロノーム機能も搭載しています。

一人で演奏してみたいけどちょっと自信がないから伴奏で盛り上げて欲しいという方から、何種類ものパーカションの音色を加えて演奏の表現の幅をもっと広げたい!という玄人はだしの方まで、さまざまなシーンで活躍しそうです。電池駆動にも対応していますから、野外イベントなどでも使えますよ。

>> BOSS「DR-01S」

 

(文/&GP編集部)