Image: Igor Zh./Shutterstock.com


文字通り怒りが爆発です。

事件は6日、トルコのイスタンブール・アタテュルク国際空港で起きました。イギリスに観光予定であった男は、機内へ持ち込もうとしたモバイルバッテリーを断れられたのです。そして、その男は怒りのままにモバイルバッテリーをぶん投げ、爆発させました。

Mashableが取り上げた空港の公式Twitterのツイートによると、男はモバイルバッテリーを諦めることを"お断り"し、空港の係員と口論になったんだとか。その後、男はストライクショットをキメてみせました。




そもそもなぜ断られたのかというと、イギリスはアメリカに続くかたちで3月、いくつかのイスラム諸国からの電子機器持ち込みを制限していました。アメリカ国土安全保障長官のジョン・F・ケリーによると、この制限は電子機器に見せかけた爆弾の脅威を防ぐためなんだとか。

とはいえリチウムバッテリーを搭載する機器は、すべて爆発する可能性があります。以前にもBeatsのベッドフォンやGalaxy Note7といった製品が飛行機内で爆発を起こしていますしね。まぁ今回の爆発はこれに当たりませんけど。

男は単にモバイルバッテリーが持ち込めなかったこと以上に、自身がテロリスト扱いを受けたことにご立腹だったのかも。その結果ちっちゃいテロを起こすことになっちゃいましたが…。


Image: Igor Zh./Shutterstock.com
Source: Mashable, Twitter
Reference: Reuters, CNN

Alejandro Alba - Gizmodo US[原文]
(瀧川丈太朗)