せっかく魅力的な女性なのに、ネガティブな口グセのせいで恋のチャンスを逃してしまったらもったいない! 今回は、モテ運を逃すNGな口グセについて男性陣に意見を聞いてみました。



1. 「楽しいことないかな〜」


・「学校でいつも『何か楽しいことないかな〜?』『毎日つまらない』とグチばかり言っている女子がいる。そういうグチばかりでつまらなそうな子はモテないと思います。逆に、いつも楽しそうにしている子には自然と目がいってしまう。魅力的に見える子と見えない子の差は、『自分から楽しめる子か、何か楽しいことがないか受け身で待っている子か』という違いだと思う」(22歳男性)

2. 「いい男がいない!」


・「『いい男がいない』と言う子は、上から目線な性格のせいでモテないと思う。いい男が寄ってこない原因が自分にある、ということを分かっていないから。男から見ると『そういうことを言っているから、いい男に逃げられるんだよ!』と思ってしまう。文句を言う前に、素敵な女性になろうという努力をして欲しい。ちなみに、こういう子のことを好きになったら自分もダメ男に思われてしまいそうなので、手を出そうと思わなくなります」(25歳男性)

3. 「ダメ男にしか好かれない」


・「女友達から恋愛相談される時に、『私ってダメ男にしか好かれないんだよね』と口グセのように連呼されると萎えます。それが口グセになると、他人にもそういう印象を与えてしまうので、余計に良い男性が寄ってこなくなると思う。それに、『この子と付き合うと、裏で男の悪口を言われそう』という印象も与えるので、良いことが何もない!」(23歳男性)

4. 「私ブスだから〜」


・「自分のことをすぐに『私かわいくないから』とか『ブスだから』と言う子は、恋愛の運気を低下させていると思う。男は、女子の顔の細かいところまで見ていないので、かわいい雰囲気があればそれで十分かわいいと思ってしまう生き物。自分から『私はブス』と言われると、『この子はブスなんだ』というフィルターで見てしまうので、だんだんかわいく見えてこなくなってしまう。自分のことを過剰に卑下するのはよくないと思います」(24歳男性)

口グセを直せば恋愛のチャンスも増える♡



以上、男性陣からの意見はいかがでしたか? 恋のチャンスを逃してしまう原因は、ネガティブな口グセにあるのかもしれません。どんな男性も、一緒にいて楽しい、笑顔になれる女性を求めています。

恋愛が上手くいかなくて愚痴っぽくなってしまうときこそ、ネガティブな発言を控えポジティブな言葉をつかうように心がけましょう! 自分を卑下するのではなく相手の良い部分に目を向けることができれば、自然と良い相手が見つかるはずです♡
(ヤマグチユキコ)