アーセナルの“68億円FW”が鮮烈デビュー! 初の対外試合でいきなりゴール奪う

写真拡大

期待の新戦力FWラカゼットがシドニーFC戦で1ゴール

 クラブ史上最高額の4650万ポンド(約68億円)の移籍金でアーセナルに加入したフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが、移籍後初戦となったシドニーFCとのテストマッチでゴールを決める鮮烈なデビューを飾った。

 アーセナルは前半4分に、今季限りでの引退と指導者転向を発表している元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーのゴールで先制した。

 1-0のまま迎えた後半23分に、アーセナルは一気に10選手を交代。背番号9を背負うラカゼットも新天地デビューを果たした。するとそこから15分後の同38分、右サイドのMFアレックス・イウォビの折り返しをラカゼットが右足で合わせて追加点をゲット。初の対外試合でいきなり結果を残した。

 アーセナルはそのまま2-0で勝利を収めた。フランスリーグ得点王の経験を持ち、新エースとして期待のかかる俊足FWは、初挑戦となるプレミアリーグでもゴールを量産することができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】アーセナル公式ツイッターで公開された、シドニーFC戦でのラカゼットの移籍後初ゴール

https://twitter.com/Arsenal/status/885466159507578880

アーセナル公式ツイッターで公開された、シドニーFC戦でのラカゼットの移籍後初ゴール