山本美月「CanCam」卒業で心境

写真拡大

モデルで女優の山本美月(25歳)が7月13日、自身のInstagramで、ファッション誌「CanCam」専属モデル卒業をファンに報告すると共に、8年間の想いをつづっている。

山本はこの日、「今月発売の、9月号をもって、8年間お世話になったCanCam専属モデルを卒業します」と報告。そして「私にとっての全てのはじまりはCanCamだったと思っています。本当に在り来りだけど、感謝しかありません。メイクもファッションも全然知らなかった私に興味をもたせてくれたのもCanCamでした」と深い感謝の言葉をつづった。

CanCam専属モデルとして過ごした8年間は「どんどんファッションが好きになってくると自分の好きなものが分かっていって、実はCanCamファッションと自分の好きなファッションの差に悩んだ時期もあったりして」「入ってから数年は全然1カットも載ってない号もあったり、小さいカットしかなかったり、プライドがズタズタになるような時期も、正直ありました笑」と、辛い時期や葛藤もあったという。ただ、「今は、きっとそれもレベルを上げるための経験値の1つだったのかなぁと思えます」と、自身の中で咀嚼できているそうだ。

また、専属モデルとして「目標だった単独表紙。自分の特集を組んでもらえたり、連載もできた」と充実した活動ができ、「ほんとにやり残したことはありません」と胸中を告白。「これからは、CanCamの美月はいなくなってしまうけど、それでも、変わらず私の側にいてください。あ、モデルをやめるわけではないので、たくさんの雑誌でお会いできるのを楽しみにしています」とつづった。

最後は「CanCam、CanCamスタッフの皆様、CanCam読者の皆様、8年間ありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。大好き」との言葉で締めくくっている。