フラスコや試験管がインテリアに! 理系雑貨がかわいすぎる!

写真拡大

ビーカーやフラスコなどの理科の実験用品を、インテリア雑貨として使用するのが流行中です。流行の発信地は、「リカシツ」という清澄白河にあるとってもおしゃれな雑貨屋。理化学製品の有名ブランド「SEKIYA」が製造・運営しているので、品質はお墨付きですよ。

おしゃれでかわいいだけでなく、実用的だと評判の理系アイテム。さっそく、使用アイデアを紹介していきます!

■取っ手付きビーカーでおうちカフェ!



(画像提供/@muju_sabow)

耐熱ガラスなので、オーブン・レンジでも使えるという頼もしさ。アイスでもホットでもどんとこいです。目盛りがついているので、計量カップとして使うのもいいですね!

■なつかしの三角フラスコを花瓶に……



(画像提供/@96mameee)

理科の実験で使ったなつかしの三角フラスコは、花瓶にしてしまいましょう! 新鮮でかわいいですね。また安定感がバツグンなので、花瓶を倒してしまう心配もしなくてすみそう。

■オブジェや調味料入れに最適!



(画像提供/@teboko5234 てぼこ)

コルク栓つきの平底試験管にドライフラワーを入れると、こんなにかわいい! 理化学ガラスは臭いが残りにくいので、調味料やオリーブオイルの保存に最適なんですって。

■三脚台で大胆にコーヒーを淹れよう



(画像提供/@ kei.1043)

アルコールランプで熱するときに使ったあの三脚台に、コーヒードリッパーがジャストフィット!! 単体では無機質な三脚台も、こうしてみると一気におしゃれに見えるから不思議ですよね。

■理系本格派には「リカドリ君」を!



(画像提供/@kazumin.k)

「リカシツ」オリジナルのドリップスタンド、「リカドリ君」。まるで理科の実験をするような趣なので、淹れる時間もより楽しく過ごせそうですね。

■集気びんが苔のテラリウムに大変身



(画像提供/@u_calil)

集気びんに、火のついたローソクを入れる実験なんてやりましたよね。こちらに、お好きな土や苔などを入れてテラリウムにするととってもかわいいんです! 鉱物を入れるのも人気ですよ。

■「ビーカーワイングラス」で大人のひとときを



(画像提供/@kaimana708)

なんと、ワイングラス風の足つきビーカーもあるんですよ! 目盛りがついているので、「アルコールは1日300mLまで!」なんて人にもおすすめですね。

■毎朝のメイク時間も、理系アイテムで楽しく!



(画像提供/@rikeizakka)

「理系雑貨」というネットショップで買える「万能つぼ」。「綿球容器」とも呼ばれるアイテムですが、綿棒を入れるとピッタリサイズなんです! ワンタッチで開くので、忙しい朝のメイク時間にも便利ですよ。

上記以外にも、時計皿やシャーレを小物入れ用のトレーとして使ったり、試薬瓶をおやつ入れとして使ったり……。理系アイテムのアイデアは無限大! 

ちなみに「リカシツ」のアイテムは直営店舗だけでなく、直営ネットショップや東急ハンズの一部の店舗などでも買えるそう(2017年7月現在)。あなたも自分のお部屋のインテリアに、理系アイテムでちょっぴり遊び心を加えてみませんか?

(小麦+どてらい堂)