世界大珍味の1つ、トリュフ。キャビアやフォアグラと並ぶ世界の3大珍味とも言われる高級食材のひとつです。フランス有数のトリュフの産地があり、その独特な香りが特徴で、上品で濃厚な香りが大変珍重されています。

そんなトリュフの料理をカジュアルに楽しめるレストラン『Artisan de la TRUFFE Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)』が、7月14日(金)に六本木の東京ミッドタウンに日本初上陸します。

『アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ』は、フランス発祥のレストラン。パリの観光名所の1つでもある「ベー・アッシュ・ヴェー(BHV)」に店舗を構えています。

日本旗艦店となる東京ミッドタウンの店舗では、パリ本店同様にオリーブ、葡萄、アプリコットなど高品質なトリュフをたっぷり使った料理をカジュアルにいただくことができます。

店内は、木を基調としたシンプルで木の暖かみも感じるモダンな雰囲気になっています。インテリアはフランスのパリ本店と同じものを使用しているのだそう。カウンター席では料理人の調理を直に見て楽しむことができる特権もあります。

トリュフに合わせたアルコールやワインも豊富に揃えており、トリュフとのマリアージュを楽しむことができます。

お店で提供しているパンは、こちらも東京ミッドタウン内にお店を構える「ル・パン・コティディアン」のもの。

テーブルに設置されている「エクストラヴァージンオリーブオイル黒トリュフ」(写真下・中央)と「黒トリュフ風味のバルサミコ」(写真下・左)、「サマートリュフ入りゲランドの塩」をパンや料理に使用するのがオススメ。

本国でも大人気のオリーブオイルはどの料理にも相性が良く、魅力ある強いトリュフの香りが特徴のオイルです。

・トリュフをたっぷり使ったスクランブルエッグクラシックスタイル

・ソールとトリュフのドゥミドゥイユ(日本限定)

・フランス産フレッシュトリュフをふんだんに使ったリゾット

・パティシエ厳選プチデザートの盛り合わせ

昼と夜では違う雰囲気を感じられるテラス席は、東京ミッドタウンの中で一番の広さ。四季の彩りを感じながら食事を楽しむことができます。

テーブルでも楽しめる「エクストラヴァージンオリーブオイル黒トリュフ」や「黒トリュフ風味のバルサミコ」、「サマートリュフ入りゲランドの塩」などはお店で販売をしているので、自宅で楽しんだり贈り物にしても喜ばれそう。ぜひチェックしてみてください。

ランチやディナーも贅沢でカジュアルに楽しむことができる『アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ』で、フランスの本格的なトリュフの味を堪能してみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 Artisan de la TRUFFE Paris(アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ)
住所 東京都港区赤坂9丁目7番4号 D-0118 東京ミッドタウン ガーデンテラス1階
営業時間 平日11:00〜15:30(L.O.14:30) 17:30〜23:00(L.O.22:00)
     日・祝 11:00〜23:00(L.O.22:00)
     ※デザートセットは11:00からオーダー可能。
     ※ランチセットは15:30までオーダー可能
お店のHP http://artisandelatruffeparis.jp