忙しい朝も妥協しない! 時短アイメイクに大活躍する″ナチュリング アイライナー″が使える♡

写真拡大 (全15枚)

忙しい朝のメイク時間をもう少し短縮したい、でも仕上がりは妥協したくない! そんな時は、機能面抜群のアイテムを使ってメイク時間を短縮しちゃいましょう! 今回は、特に時間がかかるアイメイクを1本で完成させる優秀アイテムと、時短メイクのプロセスをご紹介します♡



1本3役!? デカ目効果抜群「3ウェイ アイライナー」


今回はご紹介するのは、1本にリキッドアイライナー・ペンシルアイライナー・ぼかし用アイシャドウの3つがセットになっている『NATURING(ナチュリング) 3ウェイ アイライナー』。




色は2色展開で、ブラックとブラウンがあります。


今回は、ブラウンを使って時短メイクをしてみたいと思います。

時短メイクのプロセス


もちろん1本でもOKですが、今回はアイホール全体にベージュ色のアイシャドウを塗ってからスタート! アイホールのくすみや色素沈着が気になる方は、アイホールに肌なじみのいいベージュ系ブラウンを仕込んでおくと、さらに仕上がりがよくなるのでおすすめです♡



(1)リキッドアイライナーでアイラインを引いていきます


アイシャドウ→アイラインという順番でメイクをされる方が多いかと思いますが、ナチュリングはぼかし用のアイシャドウがかなり優秀! なので、まずは最初にアイラインを引きます。細いラインも書きやすいので、目尻を跳ねあげたり、伸ばしたりするのもキレイに仕上がります。



(2)ペンシルアイライナーを使って、まつ毛のキワを埋めていきます


適度に柔らかいので、まつ毛の間も埋めやすい! そして、セットになっているだけあって色味も同じなので、ラインの一体感も増して、自然に目のフレームを際立たせることができます。



メイクのコツ
まつ毛のキワをうまく埋めることができない! という時は、目の上に薬指を置いて軽くまぶたを持ち上げてみてください。そうすると、まつ毛のキワ部分が鏡で見やすくなります! 点と点をつなげていくようにして、まつ毛のキワを埋めるのがポイントです。一気に埋めようとするとキレイに埋めることができないので、たくさんの点をつなげるようにして描いてあげてくださいね!



粘膜部分(まつ毛のキワのすぐ下の部分)に塗ると、にじんでアイメイクがヨレやすくなってしまうので粘膜部分には塗らないようにしましょう! 

(3)最後に、ぼかし用アイシャドウを使います


ぼかし用アイシャドウをアイラインの上にそってのせます。「もう少しのせたいな」という時は、キャップに1度戻せばまた先端のチップ部分にアイシャドウがつくので、2〜3回繰り返してのせてあげてくださいね。



(4)マスカラを塗ったら、アイメイクの完成です


アイシャドウの色で主張するよりも、自然な影を作ってあげた方がナチュラルな印象の目元に仕上がります。「もう少ししっかりメイクしたい!」という場合は、上からラメ感があるアイシャドウを重ねてあげたり、アイホールに入れるアイシャドウの色を変えてみてください! ベーシックなブラウンなので、どんな色でも合わせやすいですよ♡

使ったアイテム数も少ないので、かなりの時短メイクに♡ 簡単に目元に自然な陰影を作りたい! という時にもおすすめです♪ LoftやPLAZAなどのバラエティーショップで購入できるので、ナチュラルメイクが好きな方はぜひ試してみてくださいね!
(常岡珠希)