フマキラー『アルゼンチンアリ巣ごと退治液剤』(「Amazon HP」より)

写真拡大

 強い毒性を持つ南米原産のヒアリが神戸、大阪、名古屋から始まり、とうとう東京湾の大井埠頭でも見つかった。国は「繁殖、定着を示す証拠はない」(菅義偉官房長官)と説明し、ヒアリ・パニックにならないよう沈静化に努めている。だが、過去にも南米原産のアルゼンチンアリが日本に侵入して定着していることを忘れてはいけない。

 そんな騒動のなか、なんでも株価材料にする兜町が、ヒアリの来襲に飛びついた。

 狙いうちにしたのは、アリ専用の殺虫剤を手掛けるフマキラー株だ。フマキラーの株価は7月7日、一時、前日比17.2%高の1289円まで買われ、1987年3月につけた上場来高値1280円を30年ぶりに更新した。週明けの7月10日には一時、1370円まで上伸し、高値追いとなった。フマキラーはヒアリ関連銘柄の本命と位置づけられており、短期資金が集中している。

 国内で最初にヒアリが見つかったのは5月26日で、中国広東省広州市から神戸港に貨物船で運ばれたコンテナの中にいた。その後、6月27日には名古屋港でも見つかり、29日には大阪市南港で女王アリが確認された。そして7月6日、東京港大井埠頭でも100匹超が発見された。

 大阪南港で大量の卵を産む女王アリの死がいが見つかった際には、大きな衝撃が広がった。すでに繁殖の可能性が高まったことにより、株式市場では殺虫剤メーカーなどヒアリ関連銘柄が注目されたわけだ。

●フマキラー、3カ月で2倍弱に爆騰

 そこで、ヒアリ関連で絶対本命視されているフマキラーの株価を見ておきたい。

 年初来安値は4月13日の704円で、7月10日の1370円は2倍弱という爆騰ぶりだ。フマキラーは、5月下旬から6月中旬にかけて、兵庫県内でヒアリが国内で初めて確認された際、環境省と神戸市に「アルゼチンアリ 巣ごと退治液剤(1.8リットル)」「カダン アリ全滅シャワー液(2リットル)」などのアリ用殺虫剤を無償で提供。駆除作業にいち早く協力した。

 今回のヒアリだけでなく、2011年に東京・大田区で確認された特定外来生物アルゼンチンアリの駆除作業時も、環境省や独立行政法人国立環境研究所と提携し、防除手法の開発に協力してきた。

 国内の殺虫剤市場は1位が大塚製薬グループのアース製薬、2位が蚊取り線香・キンチョウの大日本除虫菊(非上場)。

 フマキラーは国内3位だが、海外に強いのが特徴だ。同社は長年にわたり、アジア地域をはじめ感染症対策の最前線で活躍してきた。海外に開発拠点を設置し、現地の害虫を徹底的に研究してきた。このため、高い製品力が評価され、ベトナム、インドネシア、イタリアをはじめとする多くの国でナンバー1のシェアを獲得している。

 ヒアリの国内確認を受けて、フマキラーは環境省に協力し研究員を神戸に派遣。緊急防除のために同社製品が使用された。その後、新たに発見された特定外来生物のアカカミアリに対しては同社のアリ対策剤の効果が確認されている。

 フマキラーは商品提供や情報発信など、いち早く地道な対応をしてきたことから、ヒアリ関連銘柄の本命と位置づけられているのだ。

●ヒアリ狂想曲に沸く株式市場

 加えて、フマキラー以外のヒアリ関連銘柄の株価の推移を追ってみよう。

 アース製薬の7月7日の株価は一時、前日比2.3%高の6220円まで上昇し、年初来高値の6230円(5月8日)に迫る場面があった。週明けの7月10日には6400円(330円高)と急伸、11日にも一時、6520円まで値上がりした。年初来高値だ。年間の安値(4725円)からの上昇率は38%だ。

 アース製薬は6月20日、「ヒアリは薬剤への抵抗性が特段に強いわけではなく、通常のアリ用殺虫剤でも十分に効果が発揮されると考えられる」とホームページ上で情報を発信。自社の殺虫スプレー「アリアースジェット」や設置型の「アリの巣コロリ」の使用を呼びかけた。

 アース製薬と資本業務提携している大幸薬品は7月7日、一時、年初来高値の2430円をつけた。

 害虫駆除関連の事業を手がける企業では、農薬製造のエス・ディー・エス バイオテックが7月5日、980円の年初来高値を更新。防虫剤を練り込んだ「虫の嫌がる網」でヒットを飛ばしたニックスは7月5日、1645円の年初来高値をつけた。

 木造家屋向けのシロアリ防除が主力のアサンテは7月7日、2157円に上昇。2013年3月に上場して以来の最高値を更新した。白アリ駆除のサニックスも7月5日、320円の新高値となった。

 フマキラーの大下一明社長は「(ヒアリの来襲は)環境変化がもたらしたもの。状況は想像以上に深刻だ」とインタビューに答えている。地球温暖化の進行もあり、人・モノの活発な往来で害虫の活動範囲が拡大していることに強い危機感を持っているようだ。
(文=編集部)