中居正広「インスタグラム挑戦」にファンが「強烈な違和感」を覚えるワケ

写真拡大

 7月10日に放送された「中居正広の神センス塩センス〜あの時どうすりゃよかったの!?〜」(フジテレビ系)でインスタグラムにチャレンジした中居正広。

「スマホすら持っていない」という中居に対し、インスタの楽しみ方をレクチャーするという同番組。日頃からインスタグラムを活用しているバカリズムや滝沢カレン、スピードワゴンの小沢一敬らが中居にインスタの魅力を伝えた。

 人気の画像加工アプリも体験し、番組ではインスタを楽しんでいた中居だが、同番組に関してファンから冷ややかな声が聞こえてきた。

「番組自体は面白かったのですが、見ていて強烈な違和感を覚えましたね」と語るのは結成時からのSMAPファンだという女性ライターだ。いったいどこに違和感が──。彼女が続ける。

「そもそもジャニーズ事務所では基本的にSNSが禁止なんです。なので、番組をきっかけに中居くんがインスタを始めるかも……といった期待もできない。むしろ『中居くんがシンゴくん(香取慎吾)たちと一緒に事務所から離れればインスタもできたのに』と思って寂しくなりました」

「強烈な違和感」の根底にはファンならではの複雑な心理があったようだ。

(白川健一)