乃木坂46が『ワンダーウーマン』公式アンバサダーに!
 - (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

写真拡大

 全米で大ヒットを記録している映画『ワンダーウーマン』の公式アンバサダーにアイドルグループ・乃木坂46が就任し、イメージソングを担当することが明らかになった。このコラボレーションは、乃木坂46の活躍に興味を持っていたというパティ・ジェンキンス監督直々のオファーにより実現したもので、ジェンキンス監督は「乃木坂46はワンダーウーマンが象徴しているものと同じものを持っていると思っている。ワンダーウーマンの素晴らしさ、力強さ、美しさ、優しさ、愛情深さ、偉大さを、そして日本でもワンダーウーマンがスーパーヒーローだからといって男性だけではなく、女性をも励ます存在であることも伝えてほしい」とコメントしている。

 『ワンダーウーマン』は、女性だけの島で育った好奇心豊かなプリンセス・ダイアナ(ガル・ガドット)が、外の世界を知り、人々の争いを止めるために最強の美女戦士ワンダーウーマンとして立ち上がる姿を描いた物語。批評家および観客からの絶大な支持を受け、全米公開初週3日間の売り上げが女性監督作品として史上最高を記録したことも話題を呼んだ。

 乃木坂を代表して、主演のガル&ジェンキンス監督と対面した秋元真夏と高山一実は「日本のワンダーウーマンのアンバサダーとして、パティ監督に選んで頂けたことが本当に光栄なことだと思いました。パティ監督のお話を聞いていると、監督がこのワンダーウーマンに対しての愛情を深く持っている事が伝わり、私たちもその気持ちをしっかり伝えたいと思いました」(秋元)、「ガル・ ガドットさんは、本当に美しくて、しばらく見とれてしまいました。映画の中のワンダーウーマンもまるでCGを使っているような美しさですけど、ご本人にお会いさせて頂いたら、ほわ〜本当にいるんだぁ! ワンダーウーマンって! と思い、 感無量でした」(高山)と感激の思いを口にしている。

 今後『ワンダーウーマン』とコラボした乃木坂のMVの発表も予定しており、美女戦士と日本の美女アイドルグループの豪華共演に期待は高まるばかり。なお、本編の主題歌は本国同様、人気シンガーのシーアが歌う「トゥ・ビー・ヒューマン シーア feat.ラブリンス」に決定している。(編集部・市川遥)

映画『ワンダーウーマン』は8月25日より全国公開