2014年10月、当時21歳だったメリッサ・パミルさんは、自らの人生に終止符を打った。しかし、彼女の遺したものは一人の男性の命を救ったのだ。

命を救われた男性とその家族は、特別な日をメリッサさんの遺族と共に迎えた。

6人に新しい人生を与えた

メリッサさんの臓器は、全部で6人に新しい人生を与えることとなった。

そのうちの一人が、肝臓をもらい受けた米アイダホ州在住のトロイ・ウェストーヴァーさん(43)だ。「移植できる肝臓が見つからなければ、もって2週間」と言われたとき、ふたりの娘はまだ10代だった。

メリッサさんの肝臓がなければ、2017年6月16日に、娘の結婚式でヴァージンロードを歩くこともなかっただろう。

娘の結婚式に招待された遺族

メリッサさんの母親であるケリーさんと、臓器移植後からやり取りがあったというウェストーヴァーさん一家。

結婚式に遺族を呼びたいと申し出たのは、新婦である娘のKiasaさんだったそうだ。

「ケリーさんに、自分の娘がそこにいると感じて欲しかったし、たとえ会ったこともない相手だとしても、私がどれだけメリッサさんを愛しているかを知ってほしかったんです」と、KiasaさんはABC Newsの取材に答えている。

▼Kiasaさんとケリーさん

▼ケリーさんの横にいる男性が移植を受けたトロイさん

メリッサさんへの思いの詰まった結婚式

Kiasaさんの愛情は、遺族には確かに伝わったことだろう。結婚式は、メリッサさんへの思いが詰め込まれたものだった。

▼メリッサさんの思い出の品が飾られたスペースも

▼メリッサさんの写真をブーケに着けて持ち歩いていた

▼メリッサさんの愛犬もタキシード姿で参列

この出来事はHerald JournalやABC Newsなど、数々のメディアに取り上げられている。トロイさんのお母さんは、7月10日に「この出来事が広まってうれしいです。臓器提供の大切さが多くの人に伝わるといいのですが」とFacebook上でコメントしている。