Appleが本社であるApple Parkのビジターセンターのカフェで、新たにバリスタを募集していることがわかりました。

アイブ氏率いるチームもコーヒーを愛飲

ビジネス系SNSのLinkedInに投稿された求人内容によれば、何より重要なのは「最高のエスプレッソ」を淹れられることであり、なおかつスピードと品質を保つことが求められています。
 
Business Insiderは、Appleの最高デザイン責任者(CDO)であるジョナサン・アイブ氏率いるクリエイティブチームは、ブレインストーミングを行なう際のコーヒーを大切にしていて、一時期は1台3,000ドルもするエスプレッソマシンを使用していたと伝えています。

ラテアートも必須?

今回募集されているバリスタは、アイブ氏にコーヒーを淹れるために採用されるわけではなさそうですが、わざわざ「最高のエスプレッソ(stellar espresso)」と記しているあたり、要求レベルはかなり高いようです。
 
またゲストのリクエストに応えて「ラテアート」を作る腕前も必要とのことです。
 
 
Source:LinkedIn via Business Insider
Photo:Pixabay
(lunatic)