シティ、ウォーカー獲得に向けて73億円でクラブ間合意! 14日にもメディカルチェック受診へ!

写真拡大

▽マンチェスター・シティが、イングランド代表DFカイル・ウォーカー(27)獲得に向けて5000万ポンド(約73億3000万円)の条件でトッテナムとクラブ間合意に至ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』、『BBC』など複数メディアが伝えている。

▽卓越した身体能力と攻撃性能を武器に、逆サイドの同胞DFダニー・ローズと共にトッテナムの両翼として活躍するウォーカー。昨年9月にトッテナムと2021年までの新契約にサインを交わしていたイングランド代表DFだが、昨季終盤戦に入ってイングランド代表DFキーラン・トリッピアーとの序列に変化が生じ始めたことに不満を抱き、マウリシオ・ポチェッティーノ監督と衝突したとの報道も出ていた。

▽また、20代半ばを過ぎてタイトル獲得やより好条件のサラリーを求めるウォーカーは、ここ最近のインタビューでトッテナム退団の可能性を示唆していた。

▽今夏の移籍市場において退団濃厚とみられていたウォーカーには、今夏2人の右サイドバックが退団したシティ、元ドイツ代表DFフィリップ・ラームが引退したバイエルンなどが獲得に関心を示してきたが、先日に獲得濃厚と言われた中、パリ・サンジェルマンにブラジル代表DFダニエウ・アウベスをかっさらわれたシティが、トッテナムの要求する5000万ポンドの移籍金を満額準備し、ウォーカー獲得にこぎ着けたようだ。

▽なお、14日にトッテナムのプレシーズントレーニングに合流する予定だったウォーカーだが、チームに復帰することなく、同日にシティでメディカルチェックを受診することになる見込みだ。

▽2009年にシェフィールド・ユナイテッドからトッテナムに加入したウォーカーは、QPR、アストン・ビラへのレンタル移籍を経て、2011-12シーズンからスパーズ不動の右サイドバックに君臨。ここまで公式戦229試合に出場し、4ゴール21アシストを記録。また、2011年にデビューを飾ったイングランド代表では通算27試合に出場している。